プラチナゲームズが『Scalebound』開発中止を報告―神谷Dからのコメントも【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

プラチナゲームズが『Scalebound』開発中止を報告―神谷Dからのコメントも【UPDATE】

Game*Spark オリジナル

プラチナゲームズが『Scalebound』開発中止を報告―神谷Dからのコメントも【UPDATE】
  • プラチナゲームズが『Scalebound』開発中止を報告―神谷Dからのコメントも【UPDATE】
  • プラチナゲームズが『Scalebound』開発中止を報告―神谷Dからのコメントも【UPDATE】
プラチナゲームズは、同社の公式ブログにて、『Scalebound(スケイルバウンド)』の開発中止に対するコメントを発表しました。

同タイトルの開発中止の報は、Microsoft Studiosより海外向けに発表されていましたが、この度、プラチナゲームズ公式ブログでも改めて報告。「Scaleboundを楽しみにしてくださっていたユーザーの皆さまには、このようなお知らせをすることになり、私たちとしても残念でなりません。」と伝えています。

今回は残念な結果になってしまいましたが、同社は今後発売予定の『ニーア: オートマタ』や『GRANBLUE FANTASY Project Re:Link』、『LOST ORDER』など様々なタイトルを、最高品質でユーザーに届けられるよう尽力していくとしています。

なお同作を担当する神谷英樹氏からは、待っていたユーザーへ謝罪するとともに、「これから僕が皆さんに出来ることは、おもしろいゲームを作ってそれをお届けすることしかありません。」とツイート。これまで以上にゲーム作りに励むとの意気込みを伝えています。






《インサイド》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 97 件

編集部おすすめの記事

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

    【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  4. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  5. 【特集】クリア不能?『猛烈にムズいゲーム』10選

  6. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  7. 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!

  8. 『オーバーウォッチ』ねんどろいどに「メイ」「マーシー」登場か

  9. 『オーバーウォッチ』24人目の新ヒーローは一体誰?―ディレクターがヒント

  10. 【特集】現代に蘇るクラシカルWW2FPS『Days of War』であの頃を思い出した!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top