余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか

ゲーム文化 インディーゲーム

余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか
  • 余りに壮大な『スター・ウォーズ』ファンメイド開発中―日の目を見られるのか
海外のゲームアーティストEtienne Beschet氏より、たった1人で開発中のファンメイド「スター・ウォーズ」ゲーム『Star Wars Redemption』の最新スクリーンショットが公開されました。

映画におけるエピソード2からエピソード5の間にあった物語を描くとされる本作は、実写映画やEA DICEが制作した『Star Wars バトルフロント』などではなく、日本でも放映されていたアニメ「スター・ウォーズ 反乱者たち」に似た独特なキャラクターデザインをベースにしているようです。

今回公開されたスクリーンショットは、今作の雰囲気を伝えるために披露されたもので、初期のビルドであるとのこと。これを報じた海外メディアDSOGamingは今作について、著作権の問題から日の目を見ることはないだろう、としながらも、このような壮大なプロジェクトに取り組んでいる個人を目の当たりにできるのは魅力的だ、と伝えています。

なお、ファンメイド「スター・ウォーズ」ゲームに関しては、『Galaxy in Turmoil』というタイトルが開発中止になりましたが、別の宇宙を舞台とし、『Star Wars バトルフロント』にインスパイアされたオリジナルゲームとして開発が進められています。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

    ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  2. 擬人化ウサギの格闘ACT『Overgrowth』がβ段階に突入!―カンフー映画のようなバトルが特色

    擬人化ウサギの格闘ACT『Overgrowth』がβ段階に突入!―カンフー映画のようなバトルが特色

  3. ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

    ゲームで赤十字マーク使用禁止?インディー作品が英国赤十字社から違反通告受ける

  4. 狂気に支配される新作『Year Of The Ladybug』初のトレイラー遂に公開

  5. 『LoL』のボードゲームスピンオフ『Mechs vs Minions』が発表!―海外で10月発売

  6. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  7. Yahoo!で“狂怖”と検索すると...?『バイオハザード7』“狂怖の館”アプリ登場

  8. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  9. 1億2000万円の巨大ロボット「クラタス」、Amazonに入荷するも…数時間で「在庫切れ」に

  10. 『ARK: Survival Evolved』のポケモンModがSteamワークショップに投稿される

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top