74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

ゲーム文化 カルチャー

74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて
  • 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて
  • 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて
  • 74歳のゲーマーおじいちゃんに新しいゲームを!―17年プレイしたMMORPGのサービス終了を受けて

ゲームを楽しむのに年齢は関係ないということで、これまでにも様々な高齢ゲーマーが登場しましたが、カナダのYouTubeユーザーWe Sleep Talkさんが、74歳になるゲーマーおじいちゃんを動画で紹介しています。


このおじいちゃんは『Asheron's Call』というファンタジーMMORPGを1999年からプレイしている熱心なゲーマーです(ゲームのローンチも1999年)。少なくとも80人のキャラクターを所有し、その内の1人はプレイを始めた頃からのキャラクター。また、2003年に作られたもう1人のキャラクターは累計時間で3ヶ月以上使用しているとのことです。上記映像では3台のモニターを並べてプレイするハードコアゲーマーっぷりが収められています。


しかしながら、デベロッパーのTurbine Entertainment Softwareは2017年1月31日をもって『Asheron's Call』および続編『Asheron's Call 2: Fallen King』のサービスを終了することを発表。We Sleep Talkさんはおじいちゃんが17年間プレイした大好きなゲームを失うのを悲しんでおり、なんとか新しいゲームを探してあげたいと語っています。ただ、「Asheron's Callのようなゲームが見つかると思う?」という問に対しておじいちゃんは「無いだろうね。このゲームに比べて今のゲームはどれもつまらなく見える」と答えており、『Asheron's Call』に取って代わるゲームを見つけるのはかなり難しいかもしれません。


なお、前述の動画には2000年~2001年の間にTurbine Entertainment Softwareでクリエイティブディレクターとヴァイスプレジデントを務めていたDavid Bowman氏もコメントを寄せており、「このような人たちがいて私は幸運です。ゲームを開発すること、そのゲームをコミュニティーとプレイすることが大好きでした。そしておじいちゃんのような素晴らしい人々との実際のプレイが、本当に重要なことであるように感じました」と伝えています。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 28 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

    【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

  2. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  3. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

    『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  4. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 【レポート】リゾート地が酒場に!「ハースストーン冬季選手権」バハマ現地フォトレポ

  7. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  10. ゲリラの人材募集映像に『Horizon Zero Dawn』のアイツが…?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top