『Gears of War』のコール・トレインは自分だ!海外で仰天訴訟が起こされる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Gears of War』のコール・トレインは自分だ!海外で仰天訴訟が起こされる

ゲーム文化 カルチャー

『Gears of War』のコール・トレインは自分だ!海外で仰天訴訟が起こされる
  • 『Gears of War』のコール・トレインは自分だ!海外で仰天訴訟が起こされる
2016年に最新作がリリースされ、世界中で人気のゲームシリーズ『Gears of War』。海外のとある人物がそんな本シリーズの制作陣などに訴訟を起こした、と海外メディアが報じています。

訴えを起こしたのは、アメリカンフットボールの選手だったLenwood Hamilton氏です。同氏によれば、『Gears of War』シリーズに登場するキャラクター、コール・トレイン(オーガスタス・コール)は、自分自身と主張。海外メディアVG247は、レポートではハッキリしていないとしつつ、Hamilton氏がMicrosoftやEpic(当時の開発元)を訴えていると伝えています。

Hamilton氏は、2016年1月に息子の友人から『Gears of War』を見せてもらい初めてキャラクターの使用を認識。人種、ダービーハット、リストバンド、金の前歯という外見的な要素はほぼ同じだそうです。加えて、同氏は、声も模倣されたと主張しており、法医学の声音検査官を雇い自身の声とコール・トレインの声が同一であるとも話しています。このため、Hamilton氏は、コール・トレインを演じたLester Speight氏に対しても訴訟しているとのこと。

Speight氏にアイデアを盗まれたとも話すHamilton氏ですが、これを報じている各海外メディアは訴えの正当性に対して懐疑的な見方をしているようです。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 23 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

    【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

  2. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  3. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

    『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  4. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 【レポート】リゾート地が酒場に!「ハースストーン冬季選手権」バハマ現地フォトレポ

  7. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  10. ゲリラの人材募集映像に『Horizon Zero Dawn』のアイツが…?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top