豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」

オーストラリア警察機関はFacebookを通して、新作ARゲーム『Pokemon GO』ユーザーに向けて安全指導を行いながら、ゲームプレイの為に署内へ入らないよう注意喚起しました。

アプリゲーム Android
豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」
  • 豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」
  • 豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」
  • 豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」

オーストラリア警察機関はFacebookを通して、新作ARゲーム『Pokemon GO』ユーザーに向けて安全指導を行いながら、ゲームプレイの為に署内へ入らないよう注意喚起しました。

先日より一部地域/Androidユーザーに向けて配信されたモバイルゲーム『Pokemon GO』は、プレイヤーの現実での位置情報を基にポケモンをゲット、バトルさせることが出来るスピンオフ的な拡張現実タイトル。作中で“ポケストップ”と呼ばれるゾーンに移動することによってアイテムをゲットできる本作ですが、ノーザンテリトリー警察が伝えるところによると、オーストラリア北部準州ノーザンテリトリーの“ダーウィン警察署”の位置には、モンスターボールを獲得するための“ポケストップ”が配置されているのだとか。同署は『ポケモンGO』ユーザーがゲームプレイの為に署内へ進入することを危惧しながら、「モンスターボールをゲットする為に実際に警察署内へ入る必要はありません」と告知しています。


現実の位置情報とリンクした連動システムが魅力のARゲーム『Pokemon GO』ですが、実際に存在している施設や住家への配慮は特に注意が必要なものと言えるでしょう。加えて、ノーザンテリトリー警察は「道路を横断するときはスマートフォンばかり見てないで、しっかり左右を確認してから渡りましょう。“サンド”はそんなに早くどこかに行くこともありませんから。きちんと交通安全を守ってポケモンゲットだぜ!」とジョークを交えつつ、『Pokemon GO』ユーザーに注意を呼びかけています。
《subimago》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『ディビジョン』正統続編らしさを感じるモバイル新作『ディビジョン リサージェンス』先行試遊レポ&インタビュー

    『ディビジョン』正統続編らしさを感じるモバイル新作『ディビジョン リサージェンス』先行試遊レポ&インタビュー

  2. ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』モバイル版プレイ画面がTwitterで公開ー配信はまもなく

    ブラック墓守シム『Graveyard Keeper』モバイル版プレイ画面がTwitterで公開ー配信はまもなく

  3. 学校をぶっ壊してストレス発散!?破壊系アプリ『ブレイクスクールシミュレーター』がiOSでも配信中

    学校をぶっ壊してストレス発散!?破壊系アプリ『ブレイクスクールシミュレーター』がiOSでも配信中

  4. 『No Man's Sky』開発元のデビュー作『Joe Danger』シリーズに約8年ぶりの最新アップデートが配信

  5. 3月のNetflixモバイル向けゲームサービスに『真実の物語』『Shatter Remastered』『イントゥ・ザ・デッド 2』登場

  6. 高評価の青春ミステリーADV『Oxenfree』がついに日本語化!続編は2023年へと延期

  7. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  8. 『サイバーパンク2077』内ミニゲームがモバイルに登場!横スクACT『ローチレース』iOS/Android向けに無料配信

  9. 対魔忍新作アプリ『対魔忍GOGO!』発表!「今日からあなたは対魔忍よ!」と宣言する恐怖のティザーPVも

  10. 大御所バトロワがスマホに到来!『PUBG Mobile』モバイルならではのメリット/デメリットは?【プレイレポ】

アクセスランキングをもっと見る

page top