豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」

オーストラリア警察機関はFacebookを通して、新作ARゲーム『Pokemon GO』ユーザーに向けて安全指導を行いながら、ゲームプレイの為に署内へ入らないよう注意喚起しました。

アプリゲーム Android
豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」
  • 豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」
  • 豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」
  • 豪州警察が『Pokemon GO』ユーザーに警告―「モンスターボールのために進入しないで」

オーストラリア警察機関はFacebookを通して、新作ARゲーム『Pokemon GO』ユーザーに向けて安全指導を行いながら、ゲームプレイの為に署内へ入らないよう注意喚起しました。

先日より一部地域/Androidユーザーに向けて配信されたモバイルゲーム『Pokemon GO』は、プレイヤーの現実での位置情報を基にポケモンをゲット、バトルさせることが出来るスピンオフ的な拡張現実タイトル。作中で“ポケストップ”と呼ばれるゾーンに移動することによってアイテムをゲットできる本作ですが、ノーザンテリトリー警察が伝えるところによると、オーストラリア北部準州ノーザンテリトリーの“ダーウィン警察署”の位置には、モンスターボールを獲得するための“ポケストップ”が配置されているのだとか。同署は『ポケモンGO』ユーザーがゲームプレイの為に署内へ進入することを危惧しながら、「モンスターボールをゲットする為に実際に警察署内へ入る必要はありません」と告知しています。


現実の位置情報とリンクした連動システムが魅力のARゲーム『Pokemon GO』ですが、実際に存在している施設や住家への配慮は特に注意が必要なものと言えるでしょう。加えて、ノーザンテリトリー警察は「道路を横断するときはスマートフォンばかり見てないで、しっかり左右を確認してから渡りましょう。“サンド”はそんなに早くどこかに行くこともありませんから。きちんと交通安全を守ってポケモンゲットだぜ!」とジョークを交えつつ、『Pokemon GO』ユーザーに注意を呼びかけています。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 37 件

編集部おすすめの記事

特集

アプリゲーム アクセスランキング

  1. 『PUBG MOBILE』の『バイオハザード RE:2』コラボ実装日が2月19日に決定!

    『PUBG MOBILE』の『バイオハザード RE:2』コラボ実装日が2月19日に決定!

  2. 『PUBG MOBILE』と『バイオハザード RE:2』がコラボ決定!詳細は近く発表

    『PUBG MOBILE』と『バイオハザード RE:2』がコラボ決定!詳細は近く発表

  3. iOS版『The Binding of Isaac: Rebirth』が配信開始!―たっぷり遊べる人気ローグライク

    iOS版『The Binding of Isaac: Rebirth』が配信開始!―たっぷり遊べる人気ローグライク

  4. 『フォートナイト』Android版ベータテストの対応機種が拡張、LG V10やGoogle Pixel等が追加

  5. 農業生活シム『Stardew Valley』がモバイルに!iOS/Android版が海外発表

  6. Android版『フォートナイト』はGoogle Playストアを使用しない―Epic Gamesが直接配信

  7. iOS版『シヴィライゼーション VI』iPhone対応!フルゲーム購入も60%オフ―寝る前に少しだけいかが?

  8. 『Identity V(第五人格)』と『Dead by Daylight』を徹底比較、2つの非対称対戦の違いは?

  9. Ubisoftのゲームアシスタント「Sam」紹介トレイラー、スマホから懇切丁寧にガイド

  10. iOS版『シヴィライゼーション VI』の拡張パックが期間限定無料配布!ゲーム本体も通常7,200円が1,800円に

アクセスランキングをもっと見る

page top