遂に一般向け解放!『レインボーシックス シージ』新オペレーター解説海外映像【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

遂に一般向け解放!『レインボーシックス シージ』新オペレーター解説海外映像【UPDATE】

PC Windows

遂に一般向け解放!『レインボーシックス シージ』新オペレーター解説海外映像【UPDATE】
  • 遂に一般向け解放!『レインボーシックス シージ』新オペレーター解説海外映像【UPDATE】
※UPDATE(11/25 03:00):※日本時間11月25日午前2時より新オペレーター2名が一般ユーザー向けに追加。一般ユーザー向け解放が延びると伝えられていたPS4版で確認したところ、問題なく新オペレーターの解放/使用ができました。解放にはそれぞれ25,000名声ポイントもしくは600RSクレジットが必要です(シーズンパス所有者は必要無し)。


Ubisoftよりリリース中のPS4/Xbox One/PC向けタクティカルFPS『レインボーシックス シージ(Tom Clancy's Rainbow Six Siege)』。本作の新拡張「レッドクロウ」で追加された新オペレーター2人の解説映像が海外向けに公開されています。

新オペレーターの1人「Hibana」は、補強された壁を破壊する"X-KAIROSランチャー"を所持しており、一度に6個(弾数は3発なので、合計18個撃てる)のペレットを射出可能。ペレット数に応じた穴をあけられるので、わざとペレットを壊して、小さな穴をあける、といった使い方もできます。

「Echo」は、防衛側としては初登場となる本格的なドローン"Yokai Drone"が使用できるオペレーター。攻撃側が使う通常のドローンのように地上カメラとして使えますが、天井に張り付いて擬態(半透明)することも。また、天井に張り付いているときに限り、敵の視界を歪ませるソニックバーストを敵に放てる特殊能力を備えています。ソニックバーストは時間経過で弾が回復するので、味方の援護があるなら積極的に使ってもいいかもしれません。

この両オペレーターは、先日よりシーズンパス所有者向けに先行解放されていましたが、一般ユーザー向け解放も間近。筆者がゲーム内で確認したところ、一般解放は、日本時間11月25日午前2時に設定されているようです。しかしながら、過去、PS4版で発生した「Hibana」に関する不具合によって、「Hibana」解放期間が延びるとも伝えられており、PS4版一般ユーザーがすぐに使用できるかどうかは不明です。
《秋夏》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 6 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 美少女ガンシューティングゲーム『ぎゃる☆がん2』PC版がSteam/DMM配信開始!

    美少女ガンシューティングゲーム『ぎゃる☆がん2』PC版がSteam/DMM配信開始!

  2. エイリアンと戦う武器は“現地製作”!弾幕飛び交うローグライトFPS『MOTHERGUNSHIP』プレイレポ

    エイリアンと戦う武器は“現地製作”!弾幕飛び交うローグライトFPS『MOTHERGUNSHIP』プレイレポ

  3. Steamストアフロント拡張プログラム「Enhanced Steam」開発終了―2019年1月31日にサーバーも停止に

    Steamストアフロント拡張プログラム「Enhanced Steam」開発終了―2019年1月31日にサーバーも停止に

  4. 農業生活シム『Stardew Valley』PC版マルチプレイヤー正式配信日発表!

  5. 週末セール情報ひとまとめ『COD: WWII』『Hollow Knight』『Cuphead』『Enter the Gungeon』他

  6. 美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応

  7. 『PUBG』カスタムマッチ作成機能がテストサーバーで全ユーザーに開放!

  8. 90年代32bit風サバイバルホラー『Prototype Mansion』配信開始!―初期『バイオハザード』の雰囲気

  9. 死のトラップを駆け抜ける物理演算ACT『Guts and Glory』正式リリース! 海外コンソール版も発売

  10. バトロワシューター『The Culling 2』わずか9日で販売終了へ―開発は新たに前作初期バージョンをF2Pとして展開

アクセスランキングをもっと見る

page top