ドイツに世界初の「ゲームアイテム取引所」が誕生へ―推定市場は約5兆円に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツに世界初の「ゲームアイテム取引所」が誕生へ―推定市場は約5兆円に

ドイツ取引所は、ビデオゲーム内のアイテムを売買するための「取引所」を設立するため、フィンテック企業Nagaと合弁会社「Switex」を立ち上げた、と海外向けに発表しました。

ゲーム文化 カルチャー
ドイツに世界初の「ゲームアイテム取引所」が誕生へ―推定市場は約5兆円に
  • ドイツに世界初の「ゲームアイテム取引所」が誕生へ―推定市場は約5兆円に
  • ドイツに世界初の「ゲームアイテム取引所」が誕生へ―推定市場は約5兆円に

ドイツ取引所は、ビデオゲーム内のアイテムを売買するための「取引所」を設立するため、フィンテック企業Nagaと合弁会社「Switex」を立ち上げた、と海外向けに発表しました。

ロイターやAFP通信によると、「Switex」が設立を目指すこのゲームアイテム取引所では、『Sims』の家具や『Call of Duty』シリーズの武器など、ゲーム内アイテムを仮想通貨で売買できるようになるとのこと。ドイツ取引所およびNagaは、「バーチャルゲームアイテムを売買するための初めて一本化された独立市場」と声明で述べました。

また、調査会社Super Data Researchは、ゲーム内アイテムの市場について、推定市場が460億ドル(日本円で約5兆2000億円)規模、そして6%以上の年率で成長すると伝えており、今後も規模が拡大していくことが見込まれています。

Nagaの広報Alexander Braune氏はAFP通信に「私たちは最終的に、このグレーゾーンのために市場を作りたい」とコメント。続けて、いくつかのパブリッシャーが既に提供している取引用プラットフォームに対し「すべてのゲームを結びつける単一の世界市場はない」とも話しています。

加えて、ドイツ取引所のHeiner Seidel氏は「プラットフォームは独立しており、いかなるゲームデベロッパーも運営に関係していません」と中立性をアピール。需要と供給によって価格を各々の物に設定する、としました。

「公正、安全、法律環境」を提供すると謳う「ゲームアイテム取引所」は2017年4月から6月中に開始する予定です。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ルートボックスは「子供のギャンブル依存を助長する」―イギリス国民保険サービスがゲーム業界に呼びかけ

    ルートボックスは「子供のギャンブル依存を助長する」―イギリス国民保険サービスがゲーム業界に呼びかけ

  2. 『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

    『DARK SOULS REMASTERED』をノーダメージでクリアする猛者現る…クリア時間は3時間26分31秒

  3. 海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

    海外の空港でモニターにPS4を接続し、勝手に『Apex Legends』をプレイする男が出現

  4. 『ゼルダの伝説BotW』をプレイしたい指が不自由な娘へ…父親が特製コントローラーをプレゼント

  5. ワーナー・ブラザースが『モータルコンバット』のアニメ映画を制作中―2020年上半期に公開予定

  6. 同人STG『カンブリアソード』が博物館に展示―宇宙と地球の140億年史をテーマにした展示会で

  7. 『エースコンバット7』コトブキヤ1/144「X-02S」レビュー…ディテール強化とロール軸追加で展示しやすさも向上!【ゲーム系プラモって実際どう?】

  8. 「ゲーミングお嬢様」が「ジャンプルーキー!」12月期ブロンズルーキー賞を受賞!連載枠へ掲載【UPDATE】

  9. 『ダクソ』3部作『ブラボ』『デモンズソウル』を全て「1度も攻撃を食らわずにクリアする」超人が現れる

  10. コズミックホラーRPG『恐怖の世界』Steam早期アクセス開始日決定! 最新トレイラーも披露

アクセスランキングをもっと見る

page top