日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表

アメリカのブランドコンサルティング会社が発表した「ブランド価値による日本ブランドのランキング」40社に、ソニーと任天堂がランクインしています。

ニュース 発表
日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表
  • 日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表
  • 日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表
  • 日本ブランドランキング「ソニー」「任天堂」がTOP10にランクイン―米ブランドコンサル会社発表
アメリカのブランドコンサルティング会社インターブランド、およびインターブランドジャパンは、「ブランド価値による日本ブランドのランキング」40社を発表し、ゲーム関連会社からソニーと任天堂がランクインしています。

このランキングは、インターブランドが、ブランドの持つ価値を金額換算する独自の価値評価(Brand Valuation)手法を用いて、日本発のブランドを対象にランク付けするもの。1位は、10年連続でトヨタとなりましたが、ゲーム関連会社としては、5位に「ソニー」10位に「任天堂」がランクインしています。

インターブランドは任天堂について、2017年3月に発売された「ニンテンドースイッチ」が、国内だけでなくグローバル市場でも多くのファンを獲得したことに言及。前年比ブランド価値成長率Top5の中にも名を連ね、2017年の11位から1つ順位を上げました。

  1. トヨタ
  2. ホンダ
  3. 日産
  4. キャノン
  5. ソニー
  6. MUFG
  7. パナソニック
  8. ユニクロ
  9. スバル
  10. 任天堂

なお、本記事で紹介したランキングは40位まで発表されています。詳しくはこちらより確認ください。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

    『ファイナルファンタジーXV』本編の35年前が舞台のDLC「EPISODE ARDYN」詳細発表―アーデンの過去描く短編アニメも

  2. 『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

    『レインボーシックス シージ』「Year4」新オペレーターはケニアなどから参戦―ランク向け「ピック&バン」など新要素もロードマップで発表

  3. 『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

    『Apex Legends』16,000人ものチーターがBANークラッシュ問題の修正にも言及

  4. 『レインボーシックス シージ』の世界はまだ広がる…新「シックス」が姿を見せる海外CGトレイラー

  5. PC版『ディビジョン2』予約注文は前作より好調ーSteam販売見送りの悪影響は無し

  6. 犠牲者たちの「if」を描く『バイオハザード RE:2』「THE GHOST SURVIVORS」無料配信開始

  7. 『フォートナイト』エモート「フレッシュ」巡る訴訟、米国著作権局は振り付けに著作権認めない方針

  8. プラチナゲームズ橋本祐介氏が退社―『ベヨネッタ』プロデューサーなど【UPDATE】

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』女暗殺者「ジェイド」参戦決定―凄惨なフェイタリティも

アクセスランキングをもっと見る

page top