GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能

Googleは、世界の遺跡の3Dライブラリー化を行う非営利団体CyArkと協力して、18カ国にまたがる27遺跡の3Dデータコレクション「Open Heritage」を公開開始しています。

ゲーム文化 カルチャー
GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能
  • GoogleとCyArkが協力、複数の歴史的建造物の3Dスキャンデータを公開へ―非営利のデータ利用も可能


Googleは、世界の遺跡の3Dライブラリー化を行う非営利団体CyArkと協力して、18カ国にまたがる27遺跡の3Dデータコレクション「Open Heritage」を公開開始しています。

この「Open Heritage」には、シリアのアゼム宮殿や、メキシコのチチェン・イッツァ、ドイツのブランデンブルク門や、ニュージーランドのワイタンギなどが収録。各3DデータはWeb上で閲覧することができるだけでなく、CC BY-NC 4.0ライセンスの元、3Dデータ自体の配信も行われており、様々なプロジェクトに同データを用いることができます。

通常の保守・保全の大変さだけでなく、地域によっては自然災害や、紛争の余波に巻き込まれる形で消失してしまうものもある歴史的建造物の数々。3Dデータという形での記録が今後、VRなどの先端技術と結びつき、バーチャルの世界だけであっても、より高精度な形で失われた風景へとアクセスできるようになるのはそう遠いことではないのかも知れません。

「Open Heritage」の公式サイトはこちらから。プロジェクト向けの3Dデータの請求はこちらのフォームより可能です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

    『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  2. アーケード版『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』3月25日AM2:00にオンラインサービス終了へ

    アーケード版『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』3月25日AM2:00にオンラインサービス終了へ

  3. 映画「ヘルボーイ」ポスター風の『ゴッド・オブ・ウォー』力作ファンアート!―開発スタジオも思わず反応

    映画「ヘルボーイ」ポスター風の『ゴッド・オブ・ウォー』力作ファンアート!―開発スタジオも思わず反応

  4. 本物級!『Apex Legends』人気武器「ピースキーパー」を実際に作ったユーザー現る

  5. RPG『Vampire: The Masquerade』新作をほのめかす画像が公開―21日に何かが起こる

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. タイ産ロボカスタマイズアクションRPG『M.A.S.S. Builder』Kickstarterキャンペーン開始!【UPDATE】

  8. 『Apex Legends』通常見られない隠されたロビーの様子が明らかに―サーバークラッシュで見えた奇跡

  9. 海外アニメ「シンプソンズ」最新エピソードでe-Sportsネタが放送予定!

  10. PAX East 2019にて「Bethesda Game Days」が開催予定―Twitch配信では特典ドロップも

アクセスランキングをもっと見る

1
page top