『サイバーパンク2077』北米でのパブリッシングは『ウィッチャー3』と同じくワーナーが担当 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』北米でのパブリッシングは『ウィッチャー3』と同じくワーナーが担当

CD Projekt REDが手掛ける新作オープンワールドRPG『サイバーパンク2077』の北米での販売とプロモーションを、Warner Bros. Interactive Entertainmentが担当することがわかりました。

ニュース 発表
『サイバーパンク2077』北米でのパブリッシングは『ウィッチャー3』と同じくワーナーが担当
  • 『サイバーパンク2077』北米でのパブリッシングは『ウィッチャー3』と同じくワーナーが担当
  • 『サイバーパンク2077』北米でのパブリッシングは『ウィッチャー3』と同じくワーナーが担当

CD Projekt REDが手掛ける新作オープンワールドRPG『サイバーパンク2077』の北米での販売とプロモーションを、Warner Bros. Interactive Entertainment(以下ワーナー)が担当することがわかりました。

これはCD Projekt REDの発表によって明らかになったもの。北米でのワーナーのパブリッシングは、『ウィッチャー2 王の暗殺者』、『ウィッチャー3 ワイルドハント』から引き続いて3作品目となります。これに伴い、ワーナーのアメリカ販売担当シニア・バイス・プレジデントKevin Kebodeaux氏は「CD Projekt REDは、世界最高のゲーム開発スタジオの1つで、チームと再び仕事ができるのは素晴らしいこと。『サイバーパンク2077』は卓越したタイトルであり、私たちは彼らとの継続的な協力によって生まれる素晴らしいものに期待しています。」とコメントしています。

一方、CD Projekt理事会メンバーおよび事業開発担当のMichal Nowakowski氏は、「『サイバーパンク2077』は、私たちの最大かつもっとも野心的なプロジェクトであり、私たちがともに達成できる素晴らしいことを本当に楽しみにしています。」と述べ、両者の信頼関係をアピールしました。

『Cyberpunk 2077』はPC/PS4/Xbox Oneを対象に発売予定。発売日は未定です。
《TAKAJO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. SIE上級副社長が解雇―相手が未成年と知りながら性器画像を送信するといった行為が暴露される

    SIE上級副社長が解雇―相手が未成年と知りながら性器画像を送信するといった行為が暴露される

  2. ゲーミングPC「ガレリア」が「ぶいすぽっ!」とのスポンサーシップ契約締結―記念配信イベント12月11日開催!

    ゲーミングPC「ガレリア」が「ぶいすぽっ!」とのスポンサーシップ契約締結―記念配信イベント12月11日開催!

  3. 無料配布から始める『Dead by Daylight』。初心者はまずこれ覚えて!

    無料配布から始める『Dead by Daylight』。初心者はまずこれ覚えて!

  4. 重厚なストーリーを予感させる新作サバイバルサイコスリラー『Aftermath』発表!

  5. 美少女アドベンチャーゲーム『ネコぱら』シリーズ全世界売上500万本突破!

  6. もうすぐ終了!2021年Steamオータムセール、ゲムスパ的オススメゲームまとめ

  7. PSでGame Passライクなサブスクが登場する?PS Nowの段階的廃止という情報も―海外報道

  8. ガチャ規制? RMT違法化? ゲーム障害対策は? 国会議員が内閣に“ゲーム規制”の質問書

  9. 「The Game Awards 2021」ノミネート作品発表! GOTY候補には『バイオ ヴィレッジ』や『メトロイド ドレッド』も

  10. 50本以上のSteamゲームが入手できるチャリティーバンドル「The Jingle Jam 2021 Games Collection」が登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top