「LJL Summer Split 2019 Finals」試合結果ダイジェスト―勝利を手にしたのはDetonatioN FocusMe | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「LJL Summer Split 2019 Finals」試合結果ダイジェスト―勝利を手にしたのはDetonatioN FocusMe

Riot Gamesが開発する『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』の国内大会「LJL Summer Split 2019 Finals」、世界大会の切符をかけて戦ったのは、DetonatioN Focus Me(DFM)とV3 Esports(V3)。レポートに先立って、試合結果のダイジェストをお伝えします。

ゲーム文化 e-Sports
「LJL Summer Split 2019 Finals」試合結果ダイジェスト―勝利を手にしたのはDetonatioN FocusMe
  • 「LJL Summer Split 2019 Finals」試合結果ダイジェスト―勝利を手にしたのはDetonatioN FocusMe
  • 「LJL Summer Split 2019 Finals」試合結果ダイジェスト―勝利を手にしたのはDetonatioN FocusMe
  • 「LJL Summer Split 2019 Finals」試合結果ダイジェスト―勝利を手にしたのはDetonatioN FocusMe
  • 「LJL Summer Split 2019 Finals」試合結果ダイジェスト―勝利を手にしたのはDetonatioN FocusMe
ライアットゲームズが開発・運営する『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』の国内大会「LJL Summer Split 2019 Finals」が9月16日にアリーナ立川立飛にて開催されました。世界大会の切符をかけて戦ったのは、DetonatioN Focus Me(DFM)とV3 Esports(V3)。本稿では会場レポートに先立って、試合結果のダイジェストをお伝えします。

Game 1



待望の初戦、まずはトップレーンのEviがミニオンコントロールを行って有利を作り出します。その有利を生かして、ジャングラーのStealがEviと共にタワーダイブし、タワーのアグロ交換を行いつつファーストブラッドを獲得。

V3は試合を通してワードで得られた視界と予測で、DFMに対してオブジェクトを狙いつつGankで仕掛けていきます。ドラゴン獲得後にはリフト・ヘラルドを狩っているDFMに当たりに行き、1Killだけでなく、リフト・ヘラルドもスティール。積極的なイニシエートを活かしきったV3 EsportsがGame 1の勝利を収めました。

Game 2



DFMは初戦の黒星を早速取り返すかのように、Lv2でGaengがスレッシュのフックをviviDに当て、2Killを獲得。V3もミッドレーンで1Killを返すも、再びGaengのフックからStealがGankを決めて2Kill獲得、ボットレーンをドミネートしていきます。

リフト・ヘラルドを獲得したV3は、そのままトップレーンへGank。ギリギリで届かないかと思いきや、ミッドから寄っていたAceがEviを倒してKillを獲得。そのままDFMがボットレーンを、V3がトップレーンを折り、タワーを1本ずつ破壊しました。

再び上がってきたインファーナルドレイクをDFMが獲得し、チームファイトへ。Pazをベイトとして使ったV3はCerosを倒すも、Paz、Yutorimoyashi、さらにBabyまで失ってしまい、3-1のキルトレードに。加えて、バロンを獲得したのはDFMでした。

耐えきったV3は再びバロンが上がった状態でファイトになり、StealのUltからEviのイニシエートで2Killを獲得。Eviのタワーダイブでエースを獲得したDFMはミッドインヒビターを折り、再びバロンを獲得、有利を着実に広げたDFMがGame 2で勝利しました。

Game 3



1-1となったGame 3では、Lv3の時点でミッドレーンにてミッド、ジャングラーの2vs2が発生します。BabyがここでFlashを落として不利を背負う中、再びStealがミッドへGank。CerosのスタンからCCチェインでファーストブラッドを獲得します。その後、DFMはインファーナルドレイクに触れますが、コミュニケーションエラーか、ドラゴンを触るのをやめていた中、Gaengが再びドラゴンに触れたところで、BabyがラカンのUltをコピーしイニシエートを行い、Aceがトリプルキルを獲得。DFMは一気に不利を背負います。

再びインファーナルドラゴンが上がってファイトをしつつ、StealがドラゴンをV3からスティール。Killトレードも生まれずにお互い引いていきます。ピックアップで着実にKillを稼いでいき、4-4のKillに戻すも、ゴールド有利を得ているのはDFM。

幾度かのファイトを仕掛けるDFMとそれをいなすV3。バロンを獲得して一気に押し切り、勝利したのはDFMでした。

Game 4



後がないV3は序盤から積極的に仕掛け、DFMのジャングルでStealを相手にファーストブラッドを獲得。ドラゴンに寄ってきたAceに対してStealがカウンターをするも、仕掛けきれずといったところ。ボットレーンでは再びGaengのイニシエートからYutorimoyashiをKillし、その後もミッド、ジャングラーを含めた4vs4をボットレーンで繰り広げ、1-1交換を行います。

どちらのチームも落としたくないインファーナルドレイク、V3が触った後ろからDFMは一気に仕掛け、BabyをStealがCCからKillを取り、ドラゴンをスティール。その後もDFMは、StealとGaengのCCを起点に有利を着実に広げていきます。ピックアップをいなしきれなかったV3は為す術もなく、Game 4で勝利し、3連覇を決めたのはDFMでした。

DetonatioN Focus Meは日本代表として、現地時間10月2日から開催される「2019 World Championship」のプレイインステージに参加予定です。
《kuma》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外ゲーマーが『スカイリム』を72分でクリアし世界記録達成!グリッチやショートカットを使用せず

    海外ゲーマーが『スカイリム』を72分でクリアし世界記録達成!グリッチやショートカットを使用せず

  2. ゆるみ切ったリモートワークに緊張感を-『マイクラ』クリーパーを象った「Secretlab TITAN Evo 2022 Minecraft Edition」【商品レビュー】

    ゆるみ切ったリモートワークに緊張感を-『マイクラ』クリーパーを象った「Secretlab TITAN Evo 2022 Minecraft Edition」【商品レビュー】

  3. 『スーパーマリオ オデッセイ』スピードラン世界記録更新も57分の壁に阻まれる

    『スーパーマリオ オデッセイ』スピードラン世界記録更新も57分の壁に阻まれる

  4. PlayStationのヒットタイトルを表彰する「PlayStation Partner Awards 2021」開催決定!

  5. 『ファークライ6』開発舞台裏に迫るドキュメンタリー映像公開―開発スタジオはパンデミックの影響でもぬけの殻に

  6. 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露

  7. 感染状態で生き延びるローグライト終末ゾンビサバイバル『The Last Stand: Aftermath』配信開始!

  8. 『マイクラ』孤島で「15人のVTuber」が殺し合う―協力・裏切り・鏖殺、何でもありの「Vtuberバトルロワイヤル」開催決定!

  9. 『Spelunky』スピードラン世界記録のModによる不正が約8年越しに判明

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

page top