個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!

リアルタイムレイトレーシングに対応。要件を満たしていれば、その効果を体験できます。

PC Windows
個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!
  • 個人開発のハイクオリティFPS『Bright Memory』がリアルタイムレイトレーシングに対応!

個人デベロッパーFYQD-StudioのFPS『Bright Memory』アーリーアクセス版がリアルタイムレイトレーシングに対応しました。

昨年12月には『Bright Memory: Infinite』向けのRTX映像デモが公開されていた本作。今回のアップデートで、リアルタイムレイトレーシングのサポートが追加されました。Nvidiaの技術サポートによって、DLSSで画質とパフォーマンスを両立し、リアルタイムレイトレーシングの効果を体験できるようになったとのことです。Steamコミュニティのニュースでは、オン・オフ状態の比較画像が紹介されています。



リアルタイムレイトレーシングを使用する際に必要な技術要件は以下の通り。
  1. Windows10(バージョン1903以降)
  2. NVIDIAグラフィックドライバの最新バージョン
  3. ビデオメモリ6GB以上のRTXシリーズグラフィックカード
  4. 「DX12」インストール済みPC
  5. 注意:グラフィック設定に入った際に、グラフィックカードがRTXリアルタイムレイトレーシングに対応しているか確認します。確認には最大で10秒ほど必要とします。対応している場合は設定メニューにRTX設定が表示されます。表示されない場合は上記の性能を満たしているか確認してください。

なお、GTXシリーズのグラフィックカードには順次サポートしていくということです。

『Bright Memory』アーリーアクセス版は、Steamにて720円で配信中です。
《杉元悠》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『L4D』開発元Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』“不測の事態”により日本でのベータテストが中止に

    『L4D』開発元Co-opゾンビFPS『Back 4 Blood』“不測の事態”により日本でのベータテストが中止に

  2. 『Apex』渋谷ハルさん主催「VTuber最協決定戦 SEASON.03」出場チーム・メンバーまとめ

    『Apex』渋谷ハルさん主催「VTuber最協決定戦 SEASON.03」出場チーム・メンバーまとめ

  3. 『Valheim』大型アップデート「Hearth and Home」コンテンツを追加お披露目―宝箱や鉄格子が登場

    『Valheim』大型アップデート「Hearth and Home」コンテンツを追加お披露目―宝箱や鉄格子が登場

  4. ヴァイキングARPG『Tribes of Midgard』の売上が早くも25万本を突破―巨人討伐数と同数の植樹も実施

  5. 新作基本無料アリーナシューター『エックスディファイアント』2つの対戦マップを紹介するプレビュー映像公開

  6. 『アサシン クリード ヴァルハラ』大型拡張「パリ包囲戦」日本語版の表現修正内容を事前告知

  7. 美しく神秘な世界を巡るアクションADV『Omno』日本語対応で発売―1人で5年をかけて開発

  8. SFサバイバルホラーRPG『Chernobylite』日本語対応でPC版正式発売―当初よりボリュームが3倍に拡大

  9. ゆずソフト、全年齢参入!『PARQUET』7月31日配信開始―有名美少女ゲームメーカーの新たな挑戦か

  10. 『DayZ』クリエイター新作サバイバル『Icarus』発売延期―8月から長期間のベータを開始予定

アクセスランキングをもっと見る

page top