ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感

PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』のコンソール版との違いに注目!インテルとのパートナーシップで開発された本作のPC版ならではの特徴をご紹介していきます。ハルクの広背筋がスゴいんです……!

連載・特集 プレイレポート
ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
  • ハルクの広背筋を見てくれ! PC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』インテルとの強力タッグでド迫力グラフィックスを体感
(C) 2020 MARVEL

いよいよ本日発売となった『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』。待望のゲーム化ということもあって期待されてきた本作では、新たに紡がれるオリジナルストーリーややりこみ要素がたっぷり用意されておりゲームプレイを思う存分に楽しめます。


そんな本作はインテルとパートナーシップを結んで開発されているため、インテル Coreプロセッサー搭載PCでプレイした際にはヒーローアビリティのビジュアルがダイナミックに強化されます。『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』においては、敵の装甲が吹き飛ぶ様や瓦礫の破壊演出が更に鮮明に描かれ、強化されたウォーターエフェクトまで大迫力で堪能できます。

『Marvel’s Avengers(アベンジャーズ)』は
PC (Steam)にて好評発売中!


本稿では、筆者が実際にPC版ベータテストを遊んだ上で体感したPC版『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』の特色を紹介していきます。なお、内容やスクリーンショットはベータテスト時のものであるため、製品版とは様々な異なる場合があるので、ご留意ください。


PC版最大の特徴として、30GBに及ぶテクスチャーパックの提供が挙げられます。これにより、PC版では更に高品質で描かれたグラフィックスでのゲームプレイが可能。ウルトラワイドモニターやマルチモニター設定、最大144hzのハイリフレッシュレートもサポートされています。

もちろんそれなりのスペックのゲーミングPCや環境が必要となりますが、ゲーミング環境にこだわるハードコアゲーマーにとっては、選択肢があるだけ嬉しいというものですよね。ちなみに記事中のスクリーンショットはすべて60fps固定かつグラフィックス設定「高」、かつテクスチャーパック導入済みの環境で撮影されたものです。

(C) 2020 MARVEL

もちろんPC版ですから、マウス/キーボードでの操作に対応しています。基本的にはコントローラーで遊んだほうが快適かと思いますが、アイアンマンを使った射撃などの操作はマウスのほうがやりやすいでしょうから、一長一短があります。

デフォルトでの回避操作は「左Ctrlキー二回」という少々押しづらい設定でしたが、操作はすべて好みのレイアウトにカスタマイズ可能なので、自分の遊びやすいように選択しましょう。プレイ中に操作をシームレスに切り替えられますから、エイムを求められる場面だけマウスキーボード操作にする、なんてプレイスタイルでも遊べます。「マウス操作が適したヒーロー」なんてのも存在するかもしれませんね!

(C) 2020 MARVEL

テクスチャーパックで強化されたグラフィックスは素晴らしく、冒頭部からその迫力を存分に味わえます。ただでさえ大スペクタクルが繰り広げられるチュートリアルミッションが、細部の描き込みやエフェクトの強化で更に臨場感アップ。このシーンではアベンジャーズが危機に晒されているので、落ち着いて風景を眺められないことが残念ですが!

PS4版スクリーンショット
(C) 2020 MARVEL

PC版スクリーンショット
(C) 2020 MARVEL

また、テクスチャーパックによりハルクの背中の筋肉やシワの表現、衣服のぴっちりした張り付き表現にもかなりの向上が見られます。特にハルクはエフェクトがド派手。操作感も楽しいので、今回メインで使用した筆者のお気に入りキャラですが、筋肉の説得力が増したことでプレイ感も心なしか重厚に感じられました。ヒーローの描き込みの細かさはファンにとって非常に重要でしょうから、高画質のテクスチャーパック表現が特に生きてくる部分かと思います。

(C) 2020 MARVEL

建造物の汚れや機械の細部などの表現も注目したいところ。動きの激しいゲームなので、マップのディテールに目を向けるタイミングは限られますが、時折足をとめて眺めてみるのもオススメです。

(C) 2020 MARVEL

(C) 2020 MARVEL

(C) 2020 MARVEL

本作は、インテル Coreプロセッサー搭載PCでプレイする際、追加のエフェクトが適応されます。ヒーローアビリティのエフェクトが強化されるとのことでしたので、ハルクの強力なアビリティ「サンダークラップ」を連続でスクリーンショットしてみました。空間が歪むような衝撃波や、瓦礫などの表現が強烈です。

(C) 2020 MARVEL

ヒーローアビリティ描写だけでなく、通常時の戦闘描写もエフェクトによりパワーアップしています。敵の装甲が吹き飛ばされたり、破片が長時間表示されることで、敵との戦闘時も爽快です。

特に本作は敵対組織AIMが率いる「シンソイド」や「ボット」というロボロボしい戦闘相手が多いので、破片表現の強化はプレイ感にダイレクトに関わってきます。巨大な機械と戦う際などは、バラバラとおびただしい量の破片が飛び散って目に楽しいです。

(C) 2020 MARVEL

瓦礫、破片表現を伴う攻撃は(すべてのヒーローに存在するでしょうが)パワー系であるハルクの独擅場です。アビリティや特殊技を使用した場面なんかでは常にド派手なエフェクトが表示されるため、どんな場面であっても非常に画面映えします。

(C) 2020 MARVEL

このように、筆者が書くとどうしてもハルクびいきな記事になってしまうのですが、もちろん大人気ヒーローであるアイアンマンや、本作の目玉であるミズ・マーベルでも、インテルとの強力タッグによるグラフィック表現を味わえます。自分好みのヒーローを操作して、思い切り壊しまくって日々のストレスを解消しましょう!

(C) 2020 MARVEL

破片爆発表現などが好きな方やウルトラワイドモニターなどの素敵なゲーミング環境をお持ちの方、なによりハルクの広背筋が好きな方にとっては、PC版は魅力的な選択肢ですよ!

『Marvel’s Avengers(アベンジャーズ)』は
PC (Steam)にて好評発売中!


『Marvel’s Avengers(アベンジャーズ)』公式サイトで詳細をチェック



Game*Sparkでは『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』非売品グッズのプレゼントキャンペーンも実施中。抽選で100名様の読者に向けて、本作に登場するヒーロー達のアイコンを象る特別グッズをお届けします。応募方法やグッズの詳細は、こちらの記事よりご確認ください!

非売品プレゼントの応募はこちらから!

『Marvel's Avengers(アベンジャーズ)』はPC(Steam)/PlayStation 4/Xbox One向けに好評発売中です。

(C) 2020 MARVEL
Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Core、Core Insideは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。(C) 2020 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。
《文章書く彦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top