セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ

“質が悪く、バグがあり、過去の遺物”かもしれない、のはあくまでSteam版の話とのこと。

ゲーム文化 カルチャー
セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ
  • セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ
先日、セガ60周年記念としてSteam向け無料ゲームとしての公開が発表された、開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク。同作の説明文のとある表記を巡って、当時のスタッフが開発内容を振り返った投稿を行いました。

問題となった表記は同作を「“質が悪く、バグがあり、過去の遺物”かもしれない」とする説明文の一節。これに対し、同作のプログラマーであったTim Dawson氏は「関わった皆が驚いている」とコメント。同作の開発は当時、2週間の短納期で、二転三転する数々の無茶な要求をなんとか小規模なチームで成し遂げた旨を語り、文脈もクレジットもなく、タイトル映像もジョークのような改変のもとに公開されたことに憤りを隠せない心情を顕にしました。

このコメントに対し、セガヨーロッパは海外メディアVGCに対し、「当時の開発者たちの作品を、私たちの歴史の一部として、その作品に光を当て祝いたかった」として、Dawson氏や元同僚たちを傷つける意図は無かった、多くのファンに彼らが当時費やした労力に感謝して欲しかったとコメント。該当の一節は今回作成された“Steam版”の話であるとして表記を削除した旨を発表しました。ただし、日本語版ページでは該当の一節は記事執筆時点で表記されたままです。

そんな『Golden Axed: A Cancelled Prototype』は2020年10月18日より期間限定で公開予定です。

《Arkblade》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

    『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

  2. 新型スイッチや『スプラ3』『ゼルダBotW』続編の情報は出る?6月16日の「Nintendo Direct E3 2021」で発表されそうな新作タイトル予測まとめ

    新型スイッチや『スプラ3』『ゼルダBotW』続編の情報は出る?6月16日の「Nintendo Direct E3 2021」で発表されそうな新作タイトル予測まとめ

  3. ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

    ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

  4. 『スマブラDX』エミュレータ使用オンライン対戦で新型コロナ下開催予定のe-Sports大会をニンテンドー・オブ・アメリカが差止め―使用ソフトの違法コピーなど問題視

  5. 『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

  6. E3で最も注目された期待の作品は?「E3 2021 Awards」受賞作品リスト

  7. 新要素たっぷりの『Doki Doki Literature Club Plus!』ゲームプレイトレイラー! 音楽プレイヤーも搭載

  8. もしもロンドンに核兵器が落ちたら?『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」が発表

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

アクセスランキングをもっと見る

page top