ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】

いにしえのファンタジー世界・オスフェルドをストーンシールド軍団の暴虐から救出しよう。

PC Windows
ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
  • ビジュアルノベル×ファンタジータクティカルRPG『Whalefall』Kickstarter開始―『FF』『幻想水滸伝』にインスパイアされた作品【UPDATE】
『Whalefall』プレミアムトレイラー

Whitethorn Gamesは、ファンタジー世界が舞台のビジュアルノベル×タクティカルRPG『Whalefall』をWindows(Steam)/コンソール(現時点で不明)向けに発売を決定し、クラウドファンディングサイトKickstarterにて募集を開始しました。

当Kickstarterは「All or Nothing」形式で、日本時間2022年4月16日の2時30分までに目標金額5,935,225円を達成した場合のみファンディングされます。5ドル以上から支援可能で、20ドル以上でゲーム本編のローンチコピーを入手可能、35ドル以上で早期アクセスが入手可能となっています。なお、執筆時点(3月18日0時30分)でバッカーは67人、支援額は日本円で約601,000円となっています。

本作は、『ファイナルファンタジー』シリーズや『水滸伝』シリーズなどJRPGに影響を受けたとされる、独特のビジュアルノベルとシュミレーション要素もあるタクティカルRPGを融合させた意欲作。戦闘時のカメラワークやシステムなどは『ペーパーマリオ』や『ブレイブリーデフォルト』シリーズなどにもインスパイアされているそうです。

舞台である古代のファンタジー世界オスフェルドには、大空を優雅に泳ぐ空飛ぶクジラが100年に一度だけ、自然のサイクルとして寿命のため地上へと落ちてきます。そしてその貴重なクジラの骨をめぐってやがて大きな争いが起こります。邪悪な女王ルクレティア率いる「ストーンシールド軍団」は帝国の復活を目論んでおり、巨大なキャノン砲でクジラを撃墜させてしまいます。バイソン村で平和に暮らしていた新兵コディは、墜落したクジラによって大混乱になったオスフェルドで、帝国を復活させ、暴虐の限りを尽くすルクレティアとストーンシールド軍団からこの世界を救う決意をします。

プレイヤーは、オスフェルドの世界で仲間を集め、敵と戦い、レベルを上げていき、時にはロマンスに落ち、武器やアイテムをカスタマイズし、探索しながら、全3幕の壮大なナラティブを体験することができます。

Kickstarterも開始された『Whalefall』はWindows(Steam)/コンソールを対象に2023年10月発売予定です。


※UPDATE(2022/3/18 15:15):当初見出しで『水滸伝』としていた部分を、『幻想水滸伝』に改めました。

《DOOMKID》
DOOMKID

心霊系雑食ゲーマー DOOMKID

1986年1月、広島県生まれ。「怖いもの」の原体験は小学生の時に見ていた「あなたの知らない世界」や当時盛んに放映されていた心霊系番組。小学生時に「バイオハザード」「Dの食卓」、中学生時に「サイレントヒル」でホラーゲームの洗礼を受け、以後このジャンルの虜となる。京都の某大学に入学後、坂口安吾や中島らもにどっぷり影響を受け、無頼派作家を志し退廃的生活(ゲーム三昧)を送る。その後紆余曲折を経て地元にて就職し、積みゲーを崩したり映像制作、ビートメイクなど様々な活動を展開中。HIPHOPとローポリをこよなく愛する。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 四度目の地獄への片道切符を世界初体感!『ディアブロ IV』体験イベントの内容とはー憎悪にまみれた滅びかけの世界は底知れぬボリュームでキミを待つ【特集】

    四度目の地獄への片道切符を世界初体感!『ディアブロ IV』体験イベントの内容とはー憎悪にまみれた滅びかけの世界は底知れぬボリュームでキミを待つ【特集】

  2. 基本無料の大乱闘ACT『フラッシュパーティ』Steam/Google Play版が日本語対応で2023年1月10日リリース決定!

    基本無料の大乱闘ACT『フラッシュパーティ』Steam/Google Play版が日本語対応で2023年1月10日リリース決定!

  3. 殴る、撃つ!そして喰われる…過激な表現光るゾンビACT『Dead Island 2』ゲームプレイ映像!

    殴る、撃つ!そして喰われる…過激な表現光るゾンビACT『Dead Island 2』ゲームプレイ映像!

  4. セールで3,049円!ついにカムバックするSteam版『アサシン クリード ヴァルハラ』が配信開始

  5. 可愛らしいドットの魔女が大冒険!2DアクションADV『Gastova: The Witches of Arkana』早期アクセス開始

  6. 淫魔ACT『Succubus』最後の大拡張DLC「Red Goddess」12月23日リリース―新キャラ、武器、行為シーンなどを追加

  7. 遂にクロスプレイ実装!『レインボーシックス シージ』Y7S4「SOLAR RAID」開始

  8. もう字幕を読まなくていい!『Forza Horizon 5』日本語吹替実装―12月8日からのイベントも内容盛りだくさん

  9. 怪しい隣人ホラー続編『Hello Neighbor 2』発売―今度の敵は隣人だけじゃない!

  10. PS5/XSXでレイトレ反射が実装!『GTAオンライン』12月アプデ内容が公開―シャークマネーカードの価値も上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top