もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願

半年前には『伝説のオウガバトル』などに関するプレイテストの存在が報告されていました。

ニュース
もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願
  • もしや『タクティクスオウガ』再リメイク?スクエニ「Tactics Ogre: Reborn」商標出願

商標などの出願状況を調べるサイト「商標ウォッチ」によれば、スクウェア・エニックスが3月31日、「Tactics Ogre: Reborn」という商標を出願していることが判明しました。

今回の出願では「Tactics Ogre: Reborn」という名称以外は明らかにされていないものの、『Tactics Ogre』は現在同社がIPを所有しているSRPG『タクティクス オウガ』の英名です。本タイトルは、2010年にPSP向けにリリースされたリメイク作『タクティクスオウガ 運命の輪』を最後にシリーズ展開が止まっており、「Reborn」というワードからは再リメイクが期待されます。

なお、スクウェア・エニックスは3月4日に『トライアングルストラテジー』を発売し、そして3月10日には『The DioField Chronicle』を発表するなど、近年シミュレーションゲームに力を入れており、半年前には『ファイナルファンタジー タクティクス』や『伝説のオウガバトル』などに関するプレイテストの存在が報告されていました

なお現時点では政府公式の「J-PlatPat」にはデータが登録されていませんが、発行当日のデータは反映されていない場合があるため、その目で出願の状況を確認したい方はしばらく待つことになりそうです。


《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 明日のニンダイで続報か?『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』一時的に海外ストアで価格が掲載

    明日のニンダイで続報か?『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』一時的に海外ストアで価格が掲載

  2. 任天堂が2023年3月期第3四半期の決算を公開―『ポケモンSV』は2,000万本、『スプラトゥーン3』は1,000万本を突破!

    任天堂が2023年3月期第3四半期の決算を公開―『ポケモンSV』は2,000万本、『スプラトゥーン3』は1,000万本を突破!

  3. 『Fallout 76』や『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』が対象! PCゲーム定期便「Humble Choice」2023年2月度ラインナップ発表

    『Fallout 76』や『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』が対象! PCゲーム定期便「Humble Choice」2023年2月度ラインナップ発表

  4. 果たしてどんな役回りに?『The Last of Us』ジョエル役声優が「もしPart 3で依頼されたら出たい」と前向きな姿勢

  5. テイクツーCEOが「AIには『GTA』のライバルは作れない」と断言―ただし、技術の飛躍には興奮している

  6. 任天堂が今年度業績予想を下方修正も、非正規含む全従業員の基本給を10%アップ!

  7. 『Ori』が『マリオ』なら新作は『ゼルダ』―開発元ディレクターが新プロジェクトを語る

  8. 約7年の沈黙を破り『Pixel Piracy』突然のアップデート―あわせて関係者による8年前の不正も告発

  9. 『RDR2』売り上げ本数は5,000万本以上、『GTA V』は1億7,500本―ロックスター2大ビッグタイトルの偉大な記録

  10. 基本無料の攻城ACT『Warlander』日本地域で人気に!Steam売上ランキングまとめ―発売目前『ホグワーツ・レガシー』はグローバル1位

アクセスランキングをもっと見る

page top