eスポーツを通じて14.3%が恋人へ発展―9.5%の人が異性とゲーム以外での交流が続く | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

eスポーツを通じて14.3%が恋人へ発展―9.5%の人が異性とゲーム以外での交流が続く

eスポーツを通じての出会いは、53.4%の人が「ありだと思う」「どちらかと言えばありだと思う」と回答。

ゲーム文化 カルチャー
eスポーツを通じて14.3%が恋人へ発展―9.5%の人が異性とゲーム以外での交流が続く
  • eスポーツを通じて14.3%が恋人へ発展―9.5%の人が異性とゲーム以外での交流が続く
  • eスポーツを通じて14.3%が恋人へ発展―9.5%の人が異性とゲーム以外での交流が続く
  • eスポーツを通じて14.3%が恋人へ発展―9.5%の人が異性とゲーム以外での交流が続く

タメニーが運営する婚活パーティー「OTOCON(オトコン)」は、OTOCONに参加したことがある216人に対して「eスポーツ(ゲーム)での出会い」に関するアンケート調査を実施しました。

調査は、コロナ禍でオンラインを通じての出会いが増加傾向の中、eスポーツを通じて出会いや恋愛に発展した人がいるのかどうかについてのアンケートを実施。調査によれば、9.5%の人が異性とe-スポーツを通じて出会い、何らかのやり取りを行っていることがわかったとのことです。

実際にやり取りをしたことがある人の中で、38.1%が友人に、14.3%が恋人へ発展したと回答。半分以上の回答者が、やり取り後もなんらかのつながりをもつことになった結果となりました。

eスポーツを通じての出会いに関しては、53.4%が「ありだと思う」「どちらかと言えばありだと思う」と回答。「なしだと思う」「どちらかと言えばなしだと思う」と回答した人は10.9%となり、肯定的な意見が否定的な意見を大きく上回る結果となりました。「ありだと思う」「どちらかと言えばありだと思う」と回答した人の理由としては下記のような理由があがっています。

・同じ趣味を持った人が知り合えるのはいいことだと思う(男性・20代)
・多様な時代のため(男性・30代)
・ネット上で出会うのが自然になりつつあるから(男性・30代)
・ゲーム好きというお互いの共通の趣味があれば、恋人に発展しやすいと思います。eスポーツを通じた出会いで結婚した友人もおります(男性・30代)
・出会いの方法が多様化しているため(男性・40代)
・元々趣味が合う要素があるわけで、可能性はゼロではないと思うから(男性・40代)
・eスポーツを通じて仲良くなれるということは深い趣味も共有できているし、会話と同等なコミュニケーションができていると思います(男性・40代)
・オフ会で仲良くなって交際にまで発展した友達が実際にいるから(男性・50代)
・eスポーツに限らず、オンラインでの出会いに抵抗が無くなってきていると思うため(男性・50代)
・同じ趣味があるということを事前に知ることができるから(女性・30代)
・何か一緒にやり遂げたものがあると惹かれやすくなると思うから(女性・30代)
・日常の趣味が合う方が、末永く仲良くできると思うから(女性・40代)
・何事もコミュニケーションからですから、参加すれば参加した人との出会いがあると思うので(女性・50代)

同じ趣味を持っていることによる親近感や、出会いの多様化が肯定的な意見を後押ししているようです。

【調査概要】
調査期間:2022年3月25日(金)~4月1日(金)
調査対象者:「OTOCON(オトコン)」 へ参加いただいたことがある女性166人
調査方法:インターネット調査


《H.Laameche》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

    駆け出しゲーマーの頃、初めて100時間以上遊んだゲームは何だったか覚えてる?

  2. 『サイバーパンク2077』では「十分に限界に挑めてはいなかった」―続編「Orion」ではよりリアルなディストピアで人間を描く

    『サイバーパンク2077』では「十分に限界に挑めてはいなかった」―続編「Orion」ではよりリアルなディストピアで人間を描く

  3. 『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

    『天穂のサクナヒメ』アニメ連動企画「深掘り!サクナヒメの米作り」が日本農業新聞Webサイトでスタート。同作の稲作関連シーンを詳細に解説

  4. ゲームトレイラーと本編の内容が違った…!『メタルギアソリッド2』『Hello Neighbor』他、海外ゲーマーたちの叫び

  5. 『Cult of the Lamb』日本に来た教祖様が終電逃してヤケ酒…京都府PRキャラとも激突するやんちゃぶりを見せる

  6. 格闘ゲームの祭典「EVO」、2025年はなんと4回も開催!アメリカにフランス、そして日本も

  7. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  8. 雰囲気抜群のビークルでウェイストランドを走り回ろう!終末世界でもドライブが楽しめる『Fallout 4』向けMod配信

  9. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  10. 懐かしいけど、実際にクリアしたことのないゲームは?との質問に数々のファミコンタイトル『メトロイド』『ゼルダの伝説』『トップガン』などが挙がる

アクセスランキングをもっと見る

page top