小島監督が唐突にスタジオ独立維持を明言―海外「PlayStation Studios」バナー更新が発端か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島監督が唐突にスタジオ独立維持を明言―海外「PlayStation Studios」バナー更新が発端か

現在日本向け公式ページでは旧版が掲載されています。

ニュース ゲーム業界
小島監督が唐突にスタジオ独立維持を明言―海外「PlayStation Studios」バナー更新が発端か
  • 小島監督が唐突にスタジオ独立維持を明言―海外「PlayStation Studios」バナー更新が発端か
  • 小島監督が唐突にスタジオ独立維持を明言―海外「PlayStation Studios」バナー更新が発端か

本日13時頃、小島秀夫監督が新版バナーを唐突にツイートし、「(コジマプロダクションは)これからも独立系の制作スタジオ」であると宣言しました。その背景には海外ユーザーによる憶測や、報道が関係しているものと思われます。

海外ゲーム掲示板サイトResetEraにて14日、英語版PlayStation Studios公式サイトのバナーに『DEATH STRANDING』の画像が追加されていると話題となりました。書き込みによると、以前のバナーでは『アッシュと魔法の筆』がラインナップされていたのに対し、現在のバージョンでは代わりに『DEATH STRANDING』が掲載されているとのことです。

また『Returnal』の横には、リメイク版『Demon's Souls』が追加されていますが、いずれもSIEに所属しているスタジオが開発しているのもあり、ユーザーはコジマプロダクションが同社に買収されるのか否か、議論を繰り広げていました。

旧版バナー

そしてSIEの社長兼CEOのジム・ライアン氏は海外インタビューや、公式ポッドキャストでさらなるスタジオの買収を示唆し、3月末にコジマプロダクションがスタジオを移転したこともあり、海外メディアも買収に関する憶測を報道。しかし、今回小島監督から直々に否定するコメントが出たことで、議論はこのまま収束に向かうものと思われます。

なお、公式ページには外部スタジオとのコラボレーションを担うSIE内部スタジオ「XDev」が掲載されており、『DEATH STRANDING』が追加されたのは”単に同スタジオと協力して生まれたタイトルだから”かもしれません。


《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『Fallout 76』や『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』が対象! PCゲーム定期便「Humble Choice」2023年2月度ラインナップ発表

    『Fallout 76』や『奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ』が対象! PCゲーム定期便「Humble Choice」2023年2月度ラインナップ発表

  2. 明日のニンダイで続報か?『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』一時的に海外ストアで価格が掲載

    明日のニンダイで続報か?『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』一時的に海外ストアで価格が掲載

  3. 果たしてどんな役回りに?『The Last of Us』ジョエル役声優が「もしPart 3で依頼されたら出たい」と前向きな姿勢

    果たしてどんな役回りに?『The Last of Us』ジョエル役声優が「もしPart 3で依頼されたら出たい」と前向きな姿勢

  4. テイクツーCEOが「AIには『GTA』のライバルは作れない」と断言―ただし、技術の飛躍には興奮している

  5. 約7年の沈黙を破り『Pixel Piracy』突然のアップデート―あわせて関係者による8年前の不正も告発

  6. 任天堂が今年度業績予想を下方修正も、非正規含む全従業員の基本給を10%アップ!

  7. 任天堂が2023年3月期第3四半期の決算を公開―『ポケモンSV』は2,000万本、『スプラトゥーン3』は1,000万本を突破!

  8. 『RDR2』売り上げ本数は5,000万本以上、『GTA V』は1億7,500本―ロックスター2大ビッグタイトルの偉大な記録

  9. Game Passとの統合を望む声も?Xboxにてゲームサブスク「Ubisoft+」が近日開始か

  10. ボールの代わりに人間をぶん投げるバカスポーツゲーム『Grab n' Throw』発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top