「Prime Gaming」2022年6月度の無料配信タイトル公開!『Far Cry 4』『WRC 8』など5タイトル | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「Prime Gaming」2022年6月度の無料配信タイトル公開!『Far Cry 4』『WRC 8』など5タイトル

Amazonプライム会員であれば受取可能です。

ニュース セール・無料配布
「Prime Gaming」2022年6月度の無料配信タイトル公開!『Far Cry 4』『WRC 8』など5タイトル
  • 「Prime Gaming」2022年6月度の無料配信タイトル公開!『Far Cry 4』『WRC 8』など5タイトル
  • 「Prime Gaming」2022年6月度の無料配信タイトル公開!『Far Cry 4』『WRC 8』など5タイトル

Amazonは、Amazonプライム会員向けサービス「Prime Gaming」で2022年6月に無料配布されるゲームのラインナップを公開しました。

公開された6月度の対象タイトルは5タイトル。オープンワールドアクション『Far Cry 4』、ポイントクリックアドベンチャー『Escape from Monkey Island』、レーシングゲーム『WRC 8』、ぽっちゃり魔法少女のカフェ経営SLG『Calico』、占星術アドベンチャー『Astrologaster』が入手可能です。

無料配信タイトルはAmazonプライム会員であれば公式サイトより受け取れます。なお、現在配信している5月度ラインナップの『Shattered - Tale of the Forgotten King』など5タイトルは記事執筆時点(2022/5/27)で受け取り期間が残り5日なので、まだ受け取っていない方はお急ぎください。

配布タイトル一覧

◆『Far Cry 4』

◆『Escape from Monkey Island』

◆『WRC 8』

◆『Calico』

◆『Astrologaster』

Prime Gamingではそのほか『VALORANT』『Apex Legends』など、さまざまなゲーム内アイテムなども配信中。それぞれ配布の期日が異なるため、詳細は公式サイトをご覧ください。


《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

    小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  2. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

    『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  3. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  4. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

  5. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  6. 週末セール情報ひとまとめ『EVERSPACE 2』『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』『真・女神転生IV』『世界樹の迷宮X』他

  7. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  8. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

  9. インディーズにとって有用な資金確保手段…旧『X-COM』開発者がEpic時限独占について語る

  10. 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

アクセスランキングをもっと見る

page top