さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ

ジャンカー・クイーンのアビリティも明らかに。

ニュース 発表
さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ
  • さらなる新ヒーロー追加も予告!『オーバーウォッチ 2』情報公開イベント発表内容ひとまとめ

Blizzard Entertainmentは日本時間6月17日午前2時より行われた『オーバーウォッチ 2』の公開イベントにて、様々な新情報を明らかにしました。本記事では気になる情報をひとまとめにしてご紹介(ジャンカー・クイーンのシネマティック・トレレイラーやオリジン・ストーリーはこちら)。

新たなリリース戦略や新要素

  • 10月5日に『オーバーウォッチ 1』は『オーバーウォッチ 2』に移行。

  • 9週間ごとに無料コンテンツを追加するシーズン・アップデートを実施。

  • 10月5日から始まるシーズン1では“ソジョーン”、“ジャンカー・クイーン”に加えて新たなサポートヒーロー(近日登場)も追加される。

  • トレジャー・ボックスが廃止され、バトルパスや定期的にアップデートされるゲーム内ストアからでカスタマイズ・アイテムをアンロック可能。

  • 武器チャームやバナーなど新種のコンテンツが登場。

  • レジェンダリー・スキンよりもレアで、カスタマイズも可能なミシック・スキンが登場。

  • 『オーバーウォッチ 1』で獲得したアイテムはPC、コンソール問わず、『オーバーウォッチ 2』の全プラットフォームで利用できる。

  • PvEは2023年にライブサービスで配信予定。

  • 新たなライバル・プレイではスコアボードの情報量を増やし、マッチ終了後に履歴からパフォーマンスを確認できる。

  • スキル・レートは数値化せず、スキル・ティアに区分。ゲームプレイの上手さだけでなく、長くプレイした人だけが高いスキル・ティアを獲得できる。

  • 新たなボイス・ラインが追加され、ヒーロー同士が会話を交わす。その数は2,5000個以上。

ジャンカー・クイーン

  • 5vs5を前提に開発し、唯一のタンクとしてチームを支えるアビリティを考えた。

  • 多くのアビリティが敵からライフを吸収する。

  • トレードマークの斧は複数のアビリティで使用。

  • 第2の武器は「ギザギザブレード」。

  • クイック近接攻撃はナイフを振り下ろす。ダメージ量がやや多く、傷口を残す(出血効果?)

  • サブ攻撃はナイフを投げる。ナイフを戻すとき、敵に刺さっていれば敵ごと引き寄せる。

  • 「コマンディング・シャウト」は周囲の味方の速度とアーマーを増加させる。

  • アルティメット。アビリティは「ランペイジ」。武器を振り回して突進し、接触した敵に傷口を残す。範囲が広いため当てやすく、多くのターゲットにダメージを与えるとともに、自分を回復して敵の回復を阻止する。

『オーバーウォッチ 2』はPC(Battle.net)/PS5/PS4/Xbox Sereis X|S/Xbox One/ニンテンドースイッチを対象に10月5日より早期アクセスを開始予定。公式サイトでは次回ベータテストの参加申し込みを受け付けています。ベータテストに関する詳細は公式の「よくある質問」を要チェックです。


オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4
¥11,396
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
オーバーウォッチ レジェンダリー・エディション -Switch
¥7,200
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

    小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  2. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  3. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  4. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

  5. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  6. 名越スタジオが公式HP開設!NetEase Games出資でコンソール中心にワールドワイド向けハイエンドタイトルの開発目指す

  7. 週末セール情報ひとまとめ『EVERSPACE 2』『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』『真・女神転生IV』『世界樹の迷宮X』他

  8. Riot Gamesが『チームファイト タクティクス』のクローンゲームを訴訟―イラストや名前、説明テキストまでが盗作&コピペの疑い

  9. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  10. 『デビル メイ クライ 5』などの戦闘デザインを手掛けた吉田亮介氏がカプコンを退社―今後は新たな環境で次世代機向け開発へ

アクセスランキングをもっと見る

page top