小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

主役は『デススト』にも出演のあの人。プレイしてみたい……!

ニュース ゲーム業界
小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため
  • 小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため
  • 小島監督が「刑事VSスーパーヒーロー」なバディものをお蔵入りにしていた…ドラマ「ザ・ボーイズ」とコンセプトが似ていたため

小島秀夫氏はTwitterにて、用意していた企画がお蔵入りになったというエピソードを語りました。

ツイートによると、小島氏は視聴を中断していたAmazonドラマ「ザ・ボーイズ」の視聴を再開したといいます。同作は欲と名声にまみれ腐敗したスーパーヒーローを倒す「ザ・ボーイズ」の活躍を描くダークな18禁ドラマで、現在シーズン3が配信中です。

視聴を再開したことにあわせ、長い間温めていた企画を本格化させようとしていた際に、「ザ・ボーイズ」のコンセプトが似ているためお蔵入りになったというエピソードを明らかにしました。企画していた作品は「伝説のヒーロー達と裏で対峙する特殊刑事班のバディ(男女)物」で、主役は『DEATH STRANDING』でクリフ役を務めたマッツ・ミケルセン氏の起用を考えていたとのことです。

なお、このツイートから二日後の本日6月27日に、同作シーズン1の第8話まで視聴したことを報告。スーパーヒーローと人間が対峙する“アンチヒーロー物”というコンセプトは共通しているものの、設定や仕掛け、トーンといった細かな部分は上記のお蔵入り企画と大きく違っていたことを明かしています。

設定や仕掛けは異なるとしながらも、残念ながらお蔵入りになってしまったヒーローVS刑事物の作品。プレイしてみたかった!という方も多いのではないでしょうか。

※UPDATE(2022/6/27 18:00):新たに小島秀夫氏の感想ツイートを追記しました。


ザ・ボーイズ 1 (G-NOVELS)
¥2,970
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ザ・ボーイズ 6 (G-NOVELS)
¥3,564
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始

    Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始

  2. アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

    アトラスがサ終した『真・女神転生』MMOを復活させたファンを提訴…「取り返しのつかない損害を与えている」と主張

  3. 『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

    『FFタクティクス』のような『ゼルダ』が計画されていた…『メトロイドプライム』開発スタジオ元スタッフが語るボツ作品

  4. ユービーアイの『Beyond Good and Evil 2』ついに開発期間が最も長いゲームに…14年間かかった『Duke Nukem Forever』抜く

  5. 海外との価値観の差?国内では普通に売ってる『CHAOS;HEAD NOAH』、販売認められずSteam発売中止に

  6. 体が闘争を求め始めた…!フロムの次作が『アーマード・コア』シリーズになるかもしれないと海外で話題に?

  7. 『ディスコ エリジウム』開発元の主要メンバーが“不本意な形で”複数人退社

  8. ゲーム制作にも革命を起こすか?高性能画像生成AI『Stable Diffusion』が無料でリリース

  9. 『サイバーパンク2077』拡張パック「PHANTOM LIBERTY(仮初めの自由)」発表! 2023年配信予定

  10. ほっこりライフシム『Hokko Life』発表―殺人や死に関するゲームづくりに疲れた開発者が制作

アクセスランキングをもっと見る

page top