ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】

刮目せよ。伝説のゲーミングマウスは確実な進化を遂げた――

PC パーツ・周辺機器
ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】
  • ロジクールがゲーミングマウス「G502 X」シリーズを国内向けに発表。待望の“新型”を一足先にチェック!【発表会レポート】

2022年10月27日、Logitech Intaernationalの日本法人・株式会社ロジクールはゲーミングブランド「ロジクールG」より「ロジクール G502 X PLUS」(以下、G502 X PLUS)「ロジクール G502 X LIGHTSPEED」(以下、G502 X LIGHTSPEED)、「ロジクール G502 X ゲーミングマウス」(以下、G502 X)を日本国内向けに発表しました。

カラーはブラックとホワイトの2色展開で、2022年11月24日より発売されます。価格はオープン価格となりますが、ロジクールオンラインストアでの価格は、「G502 X PLUS」が21,780円、「G502 X LIGHTSPEED」が19,360円、「G502 X」が10,890円(3モデルとも税込)になると予定されています。今回の発表に際し、ロジクール本社にてメディア向けの製品発表会が行われました。弊誌も招待いただき、これに参加することができたので、その模様をお伝えします。

株式会社ロジクール クラスターカテゴリーマネージャー 伊達 Matt 玄四郎氏と、マインクラフトのプレイ動画で知られる雨栗氏が登壇しました

まずは発表された3機種を今一度おさらいしましょう。

  • 新開発の光学式とメカニカル式の特徴を併せ持つ「LIGHTFORCE」スイッチを搭載

  • 正確なトラッキングが可能であり、電力効率にも優れるHERO 25Kセンサー搭載。1回のフル充電で「G502 X LIGHTSPEED」では140時間以上、「G502 X PLUS」ではRGBオンで37時間以上の連続使用が可能

  • 前後の位置調整、取り外し(ブランクカバーを装着しての無効化)が可能なDPIボタン

  • カラーバリエーションはブラック、ホワイトの2種類

各モデル共通となる仕様は以上となり、ワイヤレスモデルとなる「G502 X PLUS」「G502 X LIGHTSPEED」には以下のような特徴も。

  • 前世代と比較し、最大68%遅延が減少した、アップデートされたLIGHTSPEEDワイヤレステクノロジーを搭載。POWERPLAYにも対応し、対応製品を用いれば充電しながらの使用も可能

  • Logicool G HUBソフトウェアのデバイスペアリングツールを利用し、1つのレシーバーで2台のデバイスの接続が可能。キーボードの対象機種は「G913」「G913 TKL」「G713」

これに加えて最上位機種となる「G502 X PLUS」は、8つのLEDゾーンを持つ「RGB LIGHTSYNC」を搭載。従来のG502シリーズよりも滑らかなライティングを実現しています。

さて、ここからは実際の写真を中心にチェックしていきましょう。

G502 X PLUS
G502 X PLUS
G502 X LIGHTSPEED
G502 X LIGHTSPEED
G502 X
G502 X
ワイヤレスモデルの底面形状
ワイヤードモデルの底面形状
前後向きの付け替えが可能となったDPIボタン
磁石によって簡単に付け替えができます
実際に手に取ってみると…本当に軽い!これ、マジで“ヤバイ”です

北米地域では先行して発売されており、国内での発売を今か今かと待っていた方も多いと思いますがご安心を。じきに買えます。

なお、今回の発表にあたり、「G502 X PLUS」「G502 X LIGHTSPEED」「G502 X」の計3台を株式会社ロジクールよりお借りすることができたので、実機を“ガッツリ使い込んで”のレビューも掲載予定です。お楽しみに。



《夏上シキ》
夏上シキ

フリーランスライター 夏上シキ

ゲームと美味しいご飯とお酒が好き。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

    オープンワールドゾンビサバイバルMMO『The Day Before』10分ゲームプレイ映像公開!

  2. 架空ソ連FPS『Atomic Heart』は日本語ボイスにも対応!台北ゲームショウ2023にて明らかに

    架空ソ連FPS『Atomic Heart』は日本語ボイスにも対応!台北ゲームショウ2023にて明らかに

  3. 『FF14』「絶オメガ検証戦」新たなクリアチームが現れるも手放しでの称賛に躊躇の声…同チームは以前ツール禁止明言のきっかけにも

    『FF14』「絶オメガ検証戦」新たなクリアチームが現れるも手放しでの称賛に躊躇の声…同チームは以前ツール禁止明言のきっかけにも

  4. 『CoD:ウォーゾーン2.0』新シーズンで追加の日本マップ「アシカアイランド」発表!古城や日本語看板の観光センターなど気になる拠点満載

  5. 『ウィッチャー3』安定性やパフォーマンス改善のパッチ配信―特定シーンでのクラッシュやクエストが進行できなくなる問題への対処など

  6. 戦闘がより残酷で肉体的に!『ダイイングライト2』今後のアプデ内容が発表―DLC第2弾の予告も

  7. 発売迫る『ホグワーツ・レガシー』ローンチトレイラー!秘密の眠る魔法界での大冒険に飛び込もう

  8. 「Steam Deck」2023年1月のプレイ時間ランキング発表!トップ3は『エルデンリング』『Vampire Survivors』『ウィッチャー3』

  9. 『FF14』高難度コンテンツ「絶オメガ検証戦」最速クリアチーム現るも、外部ツール使用か?内部告発と思われる動画が浮上【UPDATE】

  10. 『モンハンライズ:サンブレイク』無料アプデ第5弾でも「復活古龍」あり!今後のロードマップが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top