国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など

“マインド・フレイヤー”の危険な能力や、戦闘で消耗した体力や呪文・スキルの使用回数を回復できる旅の拠点、呪文と環境連鎖を駆使した高度な戦術など、新情報が公開されました。

PC Windows
国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など
  • 国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』冒険や戦闘に役立つ新情報!脳に植え付けられた“マインド・フレイヤー”の幼生の力、奥深い戦術や旅の拠点など

スパイク・チュンソフトは、2023年12月21日に発売予定のPS5向けファンタジ ーRPG『バルダーズ・ゲート 3』について、冒険や戦闘に役立つ新たなゲーム情報を公開しました。

マインド・フレイヤーの危険な能力や、旅の拠点、高度な戦術など新情報!

現在は海外向けに販売中で、国内では2023年12月21日にPS5向けで発売予定の本作。これまで7人のオリジンキャラクターやバトルシステムに関する情報が公開されてきましたが、今回は“マインド・フレイヤー”の危険な能力や、戦闘で消耗した体力や呪文・スキルの使用回数を回復できる旅の拠点、呪文と環境連鎖を駆使した高度な戦術などの新情報が公開されました。


マインド・フレイヤーの幼生がもたらす危険な能力

本作は、主人公が“マインド・フレイヤー”と呼ばれる邪悪な種族「イリシッド」によって拉致され、脳内に幼生を植え付けられたところから物語が始まります。幼生の宿主は徐々に肉体と精神を蝕まれていきま すが、同時に強大な力も得ます。本作には、主人公以外にも幼生を宿しているキャラクターが複数登場。 幼生を宿した者同士はテレパシーのような形で互いの存在を感知でき、コミュニケーションもとれます。 また、幼生の宿主が命を絶つと幼生を取り出すことができ、その幼生を新たな宿主に寄生させることが できます。その宿主はさらに強力なマインド・フレイヤーの潜在能力を引き出せますが、大きなリスクも伴います。

↑主人公以外に仲間たちもマインド・フレイヤ ーの能力を取得可能。ただし、新たな幼生を脳に入れることはキャラクターごとに意見があり、最初から全員が賛同するとは限らないため、まずは同意を得る必要があります。

本作では、「アブソリュート」という神を信仰し、マインド・フレイヤーの幼生を宿した者を「トゥルーソウル」と呼んで神聖視する謎の教団が、物語上で重要な役割を担います。教団の指導者のひとり「ガット女司祭」もトゥルーソウルとして登場します。

旅の拠点となる野営地

野営地は、主人公と仲間たちの旅の拠点です。パーティーに編成しきれない余剰メンバーは野営地で待機していて、必要に応じてパーティーメンバーを入れ替えられます。仲間に話しかけると、これまでの旅路や今後についての相談、個人的な交流など、様々な会話を交わすことができるほか、物語が進展することも。ゲームを進めると、プレイアブルキャラクター以外にも旅に同行する仲間が増えることがあり ます。彼らも野営地に留まり、有益な情報や便利な機能を提供してくれます。

戦闘で消耗した体力や呪文・スキルの使用回数の回復手段のひとつとして、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」 のルールに基づいた「小休憩」と「大休憩」のシステムを導入。フィールド上で簡易的な休息をとる小休憩では、体力やクラス固有のリソースなどを一定量回復できます。その場ですぐに回復ができますが、回復する内容は限定的で、小休憩自体にも回数制限があります。一方、大休憩ではすべてのリソースに加え、小休憩の使用回数も回復できますが、野営地に戻る必要があり、食料などの野営物資を消費します。

より高度な戦術「呪文」&「環境連鎖」


<呪文>
本作には多くの系統の呪文が存在し、基本は1から6までのレベル分けがされています。レベル1の初級呪文は呪文スロットを消費せずに使用できますが、それ以外はレベルごとに設定された呪文スロットを消費して使用できます。高レベルの呪文ほど強力ですが、使用できる回数が少ないため、使いどころを見極める必要があります。

↑戦闘で使用する呪文以外にも、死体から情報を引き出すユニークな呪文も存在します。

<環境連鎖>
本作の戦闘では、呪文やスキルと周辺環境を組み合わせて環境連鎖を発生させると、通常よりも高い効果を発揮できます。例えば、可燃性の物質に火をつけて強力な爆発を引き起こしたり、水に電気を流し電撃ダメージを与えたり、水を凍らせて転倒させ敵の移動を妨害したりなど、環境連鎖を理解して使いこなすことで戦闘をより有利に進められます。

↑天然の地形だけでなく、雨を降らせる「水の生成」や周囲を脂まみれにする「豚の脂」など、 呪文を使うことで特定の環境を作り出すことも可能です。

国内PS5版『バルダーズ・ゲート 3』は2023年12月21日に発売予定です。



《DH》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  2. 『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

    『ELDEN RING』DLCで「無限復活するツリーガード」の発見報告相次ぐ―とある手段を踏むことで再出現

  3. 地下を探索して拠点を拡張して生き残れ!『Diablo』系ARPG作り続けて15年のカルト的人気のデベロッパーが新たに送る2DサバイバルクラフトアクションRPG『Din's Champion』Steamストアページが公開

    地下を探索して拠点を拡張して生き残れ!『Diablo』系ARPG作り続けて15年のカルト的人気のデベロッパーが新たに送る2DサバイバルクラフトアクションRPG『Din's Champion』Steamストアページが公開

  4. 高評価採掘サンドボックス『Core Keeper』7月19日にSteamで価格改定実施―8月27日の早期アクセス終了に伴い

  5. 『No Man’s Sky』宇宙全体を刷新し多様性が更に拡大―惑星・動植物種や映像表現等を大幅強化「Worlds Part 1」アプデ配信開始

  6. トレカショップ経営シム『TCG Card Shop Simulator: Prologue』―ブースターパックを販売したり自分でカードを集めることも

  7. 『原神』修正された「ヌヴィレット」の高速回転バグ、批判続出でロールバックへ―「登場後のキャラ修正は、どのような意図でもユーザーを傷つけてしまう」

  8. イナイレ最新作『イナズマイレブン 英雄たちのヴィクトリーロード』7月18日20時からSteam/PS向け体験版配信!「ゲームへの登場権」が賞品となる初の公式大会も開催決定

  9. SWATタクティカルFPS『Ready or Not』DLC第1弾「Home Invasion」は7月24日リリース―ハリケーンの被害を受けた街を守る

  10. 人類の未来を懸けた神々への復讐劇描くソウルライト『Flintlock: The Siege of Dawn』PC/コンソール向けにリリース!キツネのような相棒と世界を取り戻す旅へ

アクセスランキングをもっと見る

page top