今年は乱入対策もばっちりか?2022年開催時不審者騒ぎのあった「The Game Awards」警備を強化予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今年は乱入対策もばっちりか?2022年開催時不審者騒ぎのあった「The Game Awards」警備を強化予定

夏に開催された「gamescom 2023」でも模倣犯とみられる乱入者が現れるなど、ある意味今年の一つのトピックになったと言えます。

ゲーム文化 イベント
今年は乱入対策もばっちりか?2022年開催時不審者騒ぎのあった「The Game Awards」警備を強化予定
  • 今年は乱入対策もばっちりか?2022年開催時不審者騒ぎのあった「The Game Awards」警備を強化予定
  • 今年は乱入対策もばっちりか?2022年開催時不審者騒ぎのあった「The Game Awards」警備を強化予定

今年も世界的なゲームの祭典「The Game Awards」の開催が近づく中、主催のジェフ・キーリー氏によるQ&AセッションがTwitchにて行われ、セキュリティの強化について述べました。

セキュリティに対し「プランがある。」と主催者


昨年、2022年開催のイベントである意味最も記憶に残る出来事だった、ゲーム・オブ・ザ・イヤー授賞式での不審者乱入騒ぎ。幸い大事には至らずハプニングを面白がる声もありましたが、イベントのセキュリティを不安視する意見が数多く上がりました。

今回のQ&Aでもその点について尋ねられたキーリー氏は、「安全上の理由からあまり公に話すことはできませんがその点についてプランがあり、参加者や番組を見ている観客全員の安全を守るために全力を尽くしています。」とセキュリティ強化の予定を明かしています。一方で安全を最優先としながらも、ゲームアワードイベントとしての素晴らしいショーにすることも重要であるとの意見も示しました。

夏にも模倣犯らしき乱入者があるなどある意味一つのトピックに…


夏に開催された「gamescom 2023」でも模倣犯とみられる乱入者が現れるなど、今年の一つのトピックになったともいえるイベントのセキュリティ問題。強化されたセキュリティで昨年の二の舞は是非避けて欲しいところです。

《焦生肉》

ゲームに関わって飯食いたい 焦生肉

ストーリー重視でゲームをプレイするけどシステムも特徴がないとイヤ!なわがままゲーマー。わがままなくせにコンプリート癖もある上つまみ食いも大好きなので積みゲーが溜まる溜まる。ゲームで飯を食うことを夢見てたらほんとにそんな機会に恵まれた。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

    ひらめくスカートの躍動感!アニメ『ニーア オートマタ』より「2B」フィギュアが予約開始―白の契約を構える姿もクール

  2. 『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

    『FF14 黄金のレガシー』で、「光のお父さん」原作者・マイディーさんに酷似したNPCが発見される―ヒカセンたちが想いを伝えるフォトスポットに

  3. サッカーゲームをただひたすらに3日以上プレイし続け…ナイジェリア人男性「サッカーゲームマラソン」のギネス記録を更新

    サッカーゲームをただひたすらに3日以上プレイし続け…ナイジェリア人男性「サッカーゲームマラソン」のギネス記録を更新

  4. あなたには、思わず「一目惚れ」したゲームキャラクターはいますか?

  5. なにかと嫌われがちなQTE…その中でも最悪のものとは?がっかりラスボスから有名ミームになったものまで

  6. 中世RPG続編『キングダムカム・デリバランスII』前作クラファンの一部支援者には無料で提供へ

  7. 日本の神話や民話を題材にした和風メトロイドヴァニア『ボウと月夜の碧い花』配信開始!

  8. 『パルワールド』が“Twitch”にて最も盛り上がったゲームに―2024年リリースタイトルのなかで圧倒的にトップ

  9. 小島秀夫監督「メタルギア(ステルス)以上に、説明が難しかった」―実際の“太陽の光”を使って遊ぶ名作『ボクらの太陽』21周年を振り返る

  10. 世界的な大規模障害でブルースクリーン多発…ゲーム見本市「BitSummit」や、『スマブラ』桜井政博氏も影響受ける―セキュリティソフト「クラウドストライク」が起因か

アクセスランキングをもっと見る

page top