日本語一部対応は誤配信だった…リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』が再度英語のみ対応に―次回大型アプデの3月以降に期待? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本語一部対応は誤配信だった…リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』が再度英語のみ対応に―次回大型アプデの3月以降に期待?

3月以降のアプデに期待。

PC Windows
日本語一部対応は誤配信だった…リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』が再度英語のみ対応に―次回大型アプデの3月以降に期待?
  • 日本語一部対応は誤配信だった…リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』が再度英語のみ対応に―次回大型アプデの3月以降に期待?
  • 日本語一部対応は誤配信だった…リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』が再度英語のみ対応に―次回大型アプデの3月以降に期待?

Digital Eclipseは、早期アクセス実施中のリメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』について、0.3アップデートでの日本語対応は誤配信だったとして0.31ホットフィックスをリリース。日本語を一旦削除しました。

日本語対応は誤配信…

Steamでの声明によると、0.3で実装された日本語はまだ作業中のものとなっており、それが誤って有効になっていしまったものであるそう。現在は英語のみに戻されています。

実装された日本語はまだ一部のみであり、品質面でもローカライズ範囲でもまだ未完成なものでした。少し期待してしまうようなアップデートではありましたが、ある程度仕方ないといえるでしょう。

リメイク版『ウィザードリィ:狂王の試練場』の次期アップデートは来年3月を予定。そのタイミングで正式な日本語対応が行われるかはわかりませんが、期待がかかります。

《みお》

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 基本無料ルートシューター『The First Descendant』初週でプレイヤー数1,000万人を突破!

    基本無料ルートシューター『The First Descendant』初週でプレイヤー数1,000万人を突破!

  2. オープンワールドARPG『KAKU: Ancient Seal』“非常に好評”スタート!空飛ぶ豚と大地のバランスを修復するためファンタジーな原始時代を冒険

    オープンワールドARPG『KAKU: Ancient Seal』“非常に好評”スタート!空飛ぶ豚と大地のバランスを修復するためファンタジーな原始時代を冒険

  3. 『Apex Legends』この数日間でSteamに1万件を超える不評レビューが殺到…バトルパス購入にリアルマネー限定とする変更が原因か

    『Apex Legends』この数日間でSteamに1万件を超える不評レビューが殺到…バトルパス購入にリアルマネー限定とする変更が原因か

  4. ミリタリ巨大ロボSRPG『鋼嵐 - メタルストーム-』日本向けサービス決定!元『フロントミッション』新作予定だったタイトルが日本でも

  5. 『真・三國無双 ORIGINS』プロデューサーメッセージ公開。シリーズ最高の圧倒的な戦場の臨場感と一騎当千の爽快感を体験可能なタクティカルACT

  6. 今度は鉄砲もOKの「風呂格闘」再び…『プリンちゃんとお風呂に入ろう2』Steamで配信開始

  7. モンスターが宿泊するほのぼの宿屋経営シム『Monsterest』ストアページ公開!ゲストと共に釣りやパーティーなどの思い出を作ろう

  8. 周辺機器メーカー8BitDoが11周年記念の金銀カラーSFC風コントローラーを限定販売!

  9. 基本無料サバイバルクラフト『Once Human』懸念の声があがっていたプライバシーポリシーやランチャーについてアナウンス

  10. 世界最後の錬金術工房シム『The Last Alchemist』リリース!不思議なキノコの生き物と共に錬金術の極意を身に着けよう

アクセスランキングをもっと見る

page top