ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能

ギターのフリープレイモード、DualSenseワイヤレスコントローラーへの完全対応なども実施しています。

家庭用ゲーム PS5
ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能
  • ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能
  • ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能
  • ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能
  • ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能
  • ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能
  • ローグライトモード「No Return」も楽しめる『The Last of Us Part II Remastered』PS5向けにリリース―PS4版からのアップデートも可能

Naughty Dogは、『The Last of Us Part II Remastered』をPS5向けにリリースしました。

ローグライトなサバイバル「No Return」に加えてギターのフリープレイモードやDualSenseへの完全対応など新要素満載のリマスター

本作は、2020年6月にPS4向けに発売されたアクションアドベンチャー『The Last of Us Part II』のリマスター版です。『The Last of Us』の5年後の物語となっており、エリーによる復讐の旅が描かれます。

リマスター版ではグラフィックが強化されている他、新たなモードとしてローグライトないしローグライクなサバイバル「No Return」が登場します。プレイヤーは毎回経路を選びながら様々な敵とランダムに遭遇。エリーやアビーなどはもちろんのこと、ディーナやジェシーといった新規プレイアブルキャラクターも選択可能です。それぞれユニークな特性を持つ本作の登場人物たちと共に生き残るための戦いに挑みます。

他にもギターのフリープレイモード、DualSenseワイヤレスコントローラーへの完全対応なども実施しています。また、『The Last of Us Part II』を購入しているユーザーは1,190円で本作へのアップグレードが可能です。


『The Last of Us Part II Remastered』はPS5向けに5,480円でリリース中。PS4版『The Last of Us Part II』からPS5リマスター版へのアップグレードは1,190円で可能です。


PlayStation 5(CFI-2000A01)
¥66,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)
¥49,478
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

※UPDATE(2024/1/29 19:33):本文において、現代において用いられるローグライトとローグライクが同じ意味合いであることをわかりやすくしました。

《三ツ矢》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ティアキン』仕様の「ニンテンドースイッチ」を消毒したら台無しに!?アルコール濃度にご注意なハプニングが報告される

    『ティアキン』仕様の「ニンテンドースイッチ」を消毒したら台無しに!?アルコール濃度にご注意なハプニングが報告される

  2. ニンテンドースイッチを海外に持っていくなら読んで!夏休みにあわせて任天堂が注意喚起―現地の法令で罰せられるケースも

    ニンテンドースイッチを海外に持っていくなら読んで!夏休みにあわせて任天堂が注意喚起―現地の法令で罰せられるケースも

  3. 『ゼンレスゾーンゼロ』が米国の週毎PSアクティブユーザー数で10位にランクイン!正式リリース以降も勢い伸ばす

    『ゼンレスゾーンゼロ』が米国の週毎PSアクティブユーザー数で10位にランクイン!正式リリース以降も勢い伸ばす

  4. 電波人間が基本無料で10年ぶりの復活!シリーズ初のマルチプレイ要素も加わる『New 電波人間のRPG FREE!』配信開始

  5. 『バイオ戦士DAN』もまさかの復刻!ジャレコのマイナーFCタイトルが追加機能搭載で続々復活「ジャレコレ ファミコン編」始動―第一弾は『ピンボールクエスト』

  6. 謎を呼ぶ笑みを浮かべた紙袋…35年ぶり新作『ファミコン探偵倶楽部 笑み男』公式サイトが更新ー今回の事件に関する捜査報告書が公開

  7. “俺ガンプラ”ACT『ガンダムブレイカー4』7月19日からのPS/スイッチ向けネットワークテスト版が配信開始

  8. 渋谷舞台のARPG『REYNATIS/レナティス』はDay1パッチでバトル・探索・その他を改善―体験版からの調整内容が明らかに

  9. 『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

  10. 『FF7 リバース』まずはコレを使いたい&育てたい! 最序盤のお勧めマテリア10選

アクセスランキングをもっと見る

page top