開発者ら自身による約32年ぶり復活に向け瞬く間に約5,500万円の支援…90年代の伝説的宇宙戦争RPGの「続編」クラウドファンディング開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発者ら自身による約32年ぶり復活に向け瞬く間に約5,500万円の支援…90年代の伝説的宇宙戦争RPGの「続編」クラウドファンディング開始

日本の3DOでも発売された宇宙戦争シミュレーションの32年ぶりの続編がクラウドファンディング中。既に数々のストレッチゴールを達成しています。

PC Windows
開発者ら自身による約32年ぶり復活に向け瞬く間に約5,500万円の支援…90年代の伝説的宇宙戦争RPGの「続編」クラウドファンディング開始
  • 開発者ら自身による約32年ぶり復活に向け瞬く間に約5,500万円の支援…90年代の伝説的宇宙戦争RPGの「続編」クラウドファンディング開始

Steamで無料配信されているゲーム『Free Stars: The Ur-Quan Masters』を手がけるゲームデベロッパーPistol Shrimp Gamesは、同作の続編となる『Free Stars: Children of Infinity』制作に向けてのクラウドファンディングを2024年4月16日にKickstarterで開始しました。

約32年ぶりの続編に向けてのクラウドファンディング。ストレッチゴールを次々と達成中

『Free Stars: The Ur-Quan Masters』

『Free Stars: The Ur-Quan Masters』は、1992年に登場し、1994年に3DOに移植された宇宙戦争RPG『Star Control II: The Ur-Quan Masters』の移植版です。3DO版のソースコードはオープンソースとなっており、そのソースコードを基にWindows向けに移植したゲームとなります。余談ですが、3DO版は日本でも『スターコントロール2 ア・クアン・マスターを打倒せよ!』としてBMGビクターがローカライズしており、日本の声優によって吹き替えが行われています。


一時期『Star Control』シリーズは権利関係での訴訟やいくつかの権利の移転、ナンバリング続編の不振などに見舞われシリーズの存続が難しい状況にありましたが、記事執筆時点で版権を所有しているStardock Entertainmentから初代作のリメイクとして『Star Control: Origins』が2018年に発売され話題となりました。その後も同社が『Star Control II』のオリジナル版を含めシリーズの販売を継続しているため、今回の作品のタイトルが『Star Control』から『Free Stars』に変更されたのはその影響とも見られます。


『Star Control II』からおよそ32年ぶりの続編となる『Free Stars: Children of Infinity』では、数十種類の異星人が登場して壮大なストーリーが展開される、マルチプレイにも対応したアドベンチャーモード、友人やAIを相手に楽しめるタイマン勝負の対戦シナリオ、そしてキーボードやコントローラーのサポートが実装されることが予告されており、クラウドファンディングによるストレッチゴールを達成すればより増えていくとのことです。


『Free Stars: Children of Infinity』のクラウドファンディングは2024年5月18日までの予定で、本記事を執筆している2024年4月22日昼現在では日本円で約5,500万円を集めておりミニマムゴールは達成したほか、複数言語の対応などのストレッチゴールも達成しています。なお、本作が日本語に対応するかどうかは現時点では不明です。


【PS5】No Man's Sky
¥4,173
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
No Man's Sky(特典なし) - PS4
¥7,800
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《ずんこ。》

石の中にいたいブロガー ずんこ。

ダンジョンの間に挟まれたい系男子。某掲示板でRPGツクールに目覚めその進捗目的でブログを書き始めるも、いつの間にかDRPGが中心の内容に変わっていた。 DRPGと麻雀・ポーカーゲームと元ネタとの差別化が光るフォロワー系ゲームをこよなく愛する。サービス終了したアーケードゲーム『ポーカースタジアム』の公式大会優勝という凄いんだか凄くないんだかわからない肩書きも持つ。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

    『原神』登場予定の新キャラ描写にゲーム内声優から批判の声─「現実に存在する文化を取り入れるなら、そこにはリスペクトがあるべき」

  2. 『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

    『ELDEN RING』海外公式Xアカウント通し謝罪―DLC発売前には記載あったスタッフ含め海外翻訳者の一部がクレジットから欠落していた件について

  3. 2013年発売なのに「Steamサマセ2024」だけで約70万本売り上げる!『Arma 3』過去最高の1日10万本超えの販売数が示した衰えぬ人気

    2013年発売なのに「Steamサマセ2024」だけで約70万本売り上げる!『Arma 3』過去最高の1日10万本超えの販売数が示した衰えぬ人気

  4. 『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』がロールバックネットコードを引っ提げSteamで復活!PS4/スイッチ/GOG.comにも7月22日登場

  5. 基本無料クラフトサバイバル『Once Human』プレイヤー拠点のアイテムや建物が消失してしまう問題について告知

  6. 高度に再現されたPC-98時代の雰囲気を日本語で!美少女系SFRPG『STARVEIL PROTOCOL A.A.A.』日本語対応を発表

  7. DLCを買ったりアンロックに苦労したりする必要はない―高評価『スマブラ』ライク格ゲー続編『Rivals 2』追加キャラは全て無料配信すると発表

  8. 汝の王国を築き上げよ…中世ファンタジーサバイバルクラフト『Crestfallen: Medieval Survival』Steamにて早期アクセス開始

  9. トレカショップ経営シム『TCG Card Shop Simulator: Prologue』―ブースターパックを販売したり自分でカードを集めることも

  10. 近世ヨーロッパ舞台のRTS『Renaissance Kingdom Wars』Steamにて早期アクセス“非常に好評”スタート。500以上の地域で戦い、帝国の支配者を目指そう!

アクセスランキングをもっと見る

page top