海外レビューハイスコア?『Dead or Alive Xtreme 2』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア?『Dead or Alive Xtreme 2』

ニュース 最新ニュース



●[b]VGPub: [size=medium]7.8[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―実際、この値段は単純に高すぎます。そして前作からほとんどなにも提供してくれません。

●[b]IGN: [size=medium]6.4[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―ビジュアルは素晴らしいけど、新しいミニゲームはゲームプレイへの酷い言い訳です。最初のゲームからあまりに多くがリサイクルされています。

●[b]Next Level Gaming: [size=medium]6.0[/size][/b]/[size=x-small]5[/size]
―最初のDoA Beach Volleyballは、実は良いバレーボールゲームでした。そして、女の子達は現実的な可愛い女の子に見えるように出来ていました。これはただの馬鹿げた見た目の女の子の他に、ほとんどなにもないゲームになってしまいました。

●[b]GameSpot: [size=medium]5.9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―このゲームでの楽しみは、馬鹿馬鹿しいほど理想化されたポリゴン女の子へのあなたの欲望にダイレクトに比例する。

●[b]Offical Xbox Magazine UK: [size=medium]4.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―このゲームで最もイライラさせられることは、スーパーデベロッパーのTeam Ninjaがこれに対して費やした時間について考えることだ。このナンセンスを作るために費やされた毎日の分、我々はNinja Gaiden 2みたいなゲームが出るのを待たないといけない。だから、地獄まで呪いますよ。


* * *


格闘技ゲームからスピンオフして誕生するも、いつの間にやらバレーボールすらタイトルから消えているDead or Alive Xtreme 2。なぜか海外でもファンがついている、期待のアイドルマスターは発売予定もないので、今月はこちらをお届け。作者の狙い通りに、笑って許してもらえた(?)前作と比べ、海外での評価はかなり厳しいものになっています。

ちなみに向こうでも取り上げられている価格の高さですが、次世代機ソフトの定価といえる$59,99だった模様。レーティングは、Mature(Gears of Warなどと同じ、未成年でも買える一番上。)。日本の定価が9,240円に設定されたことを考えればまだマシなわけですが、各サイトでの評価はゲームプレイのマンネリ化を中心にさんざんだったみたい。

最後のレビューはなかなか強烈ですが、やはりTeam Ninjaにとってこれって二度やるネタだったのか?という気がしないでもなく……。

関連記事:『Dead or Alive Xtreme 2』108枚のスクリーンショットで煩悩退散・・?!


関連記事:テクモが板垣氏のセクハラについて反撃+かすみちゃんポールダンス映像


(C) Tecmo Inc. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

    Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

  2. あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

    あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

  3. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

    18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  4. PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』体験版が期間限定配信!製品版セールも

  5. 元Activision傘下の『Guitar Hero』開発陣がUbisoftに参加、他スタジオとAAA作品開発へ

  6. 狙撃FPS『Sniper Ghost Warrior 3』PC向けオープンベータが海外発表

  7. Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

  8. ゲイブ氏「最適なコンテンツ表示機能の強化が必要」―Steamリリース数の急激な増加について

  9. 「EA Play 2017」米カリフォルニアで6月開催決定、映像配信や大会イベントも

  10. Valveの未発表新製品は「Source 2」採用、エンジンは今後も提供継続へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top