ヨーロッパのPS3ソフトは、旧世代機並の価格で登場? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ヨーロッパのPS3ソフトは、旧世代機並の価格で登場?

家庭用ゲーム PS3



先日欧州モデルのPS3本体には互換のための旧世代チップセットが組み込まれないという、事前予約していたユーザーにとってはちょっと衝撃的なリリースがあったばかりなのですが、一方でヨーロッパのソフト価格は予想より引き下げるようです。日本でもSCE製タイトルだけはかなりのバーゲンをしていますが、当地ではサードパーティ製のソフトも旧世代据え置きになるみたい。



26日に公式アナウンスされたヨーロッパでの自社ロンチタイトルの価格は、59.99ユーロ/39.99ポンドになるそうです。一部のソフトについては異なるものもあるようですが、[url=http://www.amazon.co.uk/gp/feature.html/ref=amb_link_36810965_5/203-5904415-2873562?ie=UTF8&docId=1000046963]amazon.co.uk[/url]などではサードパーティも含めて、現在は基本的にこの値段になっています。もっとも日本円にすると約9,300円前後なのでそれでも他の国から見たら安くはないのですが、何事も家庭用ゲーム類が高価な欧州だとこの価格帯は任天堂のWii用タイトルなどと同じ旧世代機ラインに(定価では)近いものです。

日本でもファーストパーティタイトルに関してだけとはいえ、大方の予想を裏切る税込み5,980円というかなり思い切った戦略価格を続けています。どうしても一般には本体価格の高さが話題に上がりがちですが、本体の価格よりもソフトの価格を下げてくれる方が、ゲーマーな初期ユーザーにとっては特にありがたいですね。

それにしても、ソフトウェアでEmotion Engineのエミュレーションなんてまともに動作するのでしょうか…。ただでさえ発売が遅くなった上に10万円近い定価を払うヨーロッパのユーザーにとって、先日突然の"コストダウンだけ欧州先行"はかなりショックな発表でもあったようです。PS2との互換性に関しては[url=http://faq.eu.playstation.com/bc/]詳細なリスト[/url]なども発売日当日の23日まで公表されないようで、こればっかりはフタを開けてみるまでわかりません…。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.psu.com/node/8232?s=bec14be319fae1f409ab4eccb920fc28]PSU[/url])[/size]

関連記事:ヨーロッパではPS3本体の予約が始まり、ただいま絶好調!


関連記事:ヨーロッパのPS3は3月23日に599ユーロで発売、タイトルは28本に
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  2. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

    『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. 『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

  5. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  6. ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる―PTRにも変化が【UPDATE】

  7. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

  8. 国内XB1下位互換機能に『ボーダーランズ 2』などが追加

  9. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイのシーズン3終了日程が告知、2月末より次期シーズンへ

  10. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top