『Pinata』や『Banjo』は?世界に通じるゲーム作りとは…Rare社ロングインタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Pinata』や『Banjo』は?世界に通じるゲーム作りとは…Rare社ロングインタビュー

家庭用ゲーム Xbox360



5年前に当時の開発会社としては、過去最高額となる3億7700万ドル(約450億円)でMicrosoft資本に入ったイギリスのRare社。

MSの戦略タイトルとして大ヒットにこそつながらなかったものの、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=pinata&kcatid=]Viva Pinata[/url](あつまれ!ピニャータ)の評判以降、ゲーム人口拡大の流れもあって再びこのデベロッパーに海外のスポットライトが当たっているようです。メディア嫌いという話もある彼らですが、最近[url=http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=23809]GamesIndustry.biz[/url]のインタビューに答えてくれました。



* * * * * * * * *



[size=x-small]ゲームは好評だったものの、完全にGears of Warの影に埋もれてしまった昨年のViva Pinata[/size]


「私たちは確かに、より多くの売り上げを望みます。しかしゲームの出来には満足し、そしてとても気に入ってもらえました」


プロダクション部門のトップ、Lee Schuneman氏はViva Pinataについて始めます。


「このゲームが獲得した広い支持を、私たちは嬉しく思っています。フランチャイズには、ゲームやTV番組、それにたくさんの反響がありました。これで、もしもセールスが期待に届いたなら、まるで月にも飛んでいくような気持ちでしょう。そうはなりませんでしたが、しかしそれは、シリーズの力を信じていないわけではありません」

「TVの方は、北米でとても良い反響でした。英国でも放送が始まり、残りのヨーロッパでも今年後半に予定されています。2年や3年のプッシュとなるでしょうから、今からこれ以上言うのは早すぎます」

[size=x-small]昨年公開されたBanjo Threeie(スリーィー。仮題)X06トレイラー。続報はまだ?[/size]


「今度のゲームは、オリジナルのBanjo Kazooieを作ったチームがやっています。ディレクターのGregg Maylesは、Banjo Tooie(2作目)と同じ役割にいます。彼が熱心にオリジナルの雰囲気を保ってくれていますが、また一方で興味深い完全に新しいなにかももたらしてくれます。誰もが予想外の、とても違ったものになる要素を用意しています」


Rareのゲームには、いつも独特のスタイルがあります。彼らのゲームであることを知るのに、あなたはタイトル画面を見る必要はありません。業界において他のゲームとの差別化で苦しむタイトルがある中、明白な独自のセンスや確固とした哲学を持つことは重要です。しかし、それはスタッフ達が広い観衆ではなく自分自身のためにゲームを作ってしまう恐れはありませんか?


「ここ10年、15年間全てのRareのゲームを振り返ったとき、私達はいつも地方の真ん中にいることを楽しみました。これまで作ってきたどのゲームでも、"これはアメリカ向け"だとか、"これは日本向け"だとか考えたことはありません」

[size=x-small]イングランド中央部、レスターシャー州の広大な田園風景の中に建つRare本社[/size]


「単にいつも(世界中の)一番大きなマーケットが欲しいと、私たちは考えていました。これこそがNintendoでやってきたことですし、それは現在でも完全に同じです。私達は、イギリスの、アメリカの、そしてヨーロッパの、日本の消費者がみんな欲しいです」

「我々は、決して"ワールドワイドな製品を作ろう!"とは考えません。しかし、我々の考えるデザインへのアプローチ、ゲームプレイやフィーリングへのアプローチは、常により多くの人へのアピールということについて考えられています」

「僕らはイギリスの、ユーモアのセンスあるゲーム作りの伝統を受け継いでいます。一方で、日本のMANGAやNES、SNES(ファミコン、スーパーファミコン)のゲームで成長しました。そういうミックスによって私たちは、ワールドワイドにアピールできるゲームを作れているのです」

「そして、それこそがRareの魅力のひとつなんです」
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=23809]GamesIndustry.biz: "Rare on Viva Pinata's performance and the next Banjo-Kazooie title"[/url])[/size]

【関連記事】
『あつまれ!ピニャータ』サポートは2〜3年継続、新作か続編か?@GDC 07
『Jetpac Refuelled』XBLAで3月28日に配信予定、ムービー2本
発売直前!海外レビューハイスコア番外編『あつまれ!ピニャータ』

『Lost Odyssey』や日本の360は?FF?GoW!?坂口博信氏ロングインタビュー
クローバーは種に還る…新会社『SEEDS』誕生が海外でも話題に
20周年!『Metal Gear Solid 4』小島秀夫氏が新しいゲームコンセプトを語る
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『パラッパラッパー』2017年国内発売決定!12月5日からは体験版の配信も

    PS4『パラッパラッパー』2017年国内発売決定!12月5日からは体験版の配信も

  2. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  3. 『ストリートファイターV』に「豪鬼」と新キャラクター5人を含む新たなシーズンパスが登場!

    『ストリートファイターV』に「豪鬼」と新キャラクター5人を含む新たなシーズンパスが登場!

  4. 『GRAVITY DAZE 2』クロウが主役のDLCを2017年3月に無料配信!

  5. 【PSX 16】アンチャ新作『Uncharted: The Lost Legacy』が発表!【UPDATE】

  6. 【PSX 16】『Horizon Zero Dawn』最新トレイラー!見惚れるほどの絶景がそこに

  7. 【PSX 16】リマスター版『クラッシュ・バンディクー』の映像が初披露!【UPDATE】

  8. 【PSX 16】『グランツーリスモSPORT』新トレイラー映像公開!

  9. 【PSX 16】巨大な鬼が現れる!『仁王』最新トレイラー

  10. 【PSX 16】SUDA51新作『LET IT DIE』トレイラー!海外で無料リリース開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top