全然違ウ!海外カバーアート『クラックダウン』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『クラックダウン』

PC Windows

オールドセガ時代に一部で流行となった、チマチマキャラ。ゲイングランドに代表されるような、キャラクターがとても細かくて操作に一苦労(個人差あり)するような戦略アクションゲームでした。今回ご紹介するクラックダウンもその部類になるのですが、海外版アートは結構ビミョーです・・。


例によりまして、国内版のカバーイラストはこちら。



タイトル文字はシンプルながら、キャラクターはカッコよくデザインされています。キンニク隆々の2人が、アーマーとヘッドギアを身につけながら疾走する姿はゲーム内容とちょっとばかり(かなり?)異なりますが、悪くないものになっていますね。

そして海外版のカバーイラストはこちら・・。



レ、レオタード?!髪の色が違うだけで、お二人ともほとんど同じ顔&同じ体格に見えます。こんな姿で敵の基地に乗り込もうというのでしょうか?即死決定な感じが。バックにおわすラスボスを作ったマッドサイエンティスト・ミスターKも、何だかやっぱりイメージが違ってますよね・・。

クラックダウンは、セガが1990年末にメガドライブで発売しています。その1年前に業務用SYSTEM24基盤(なんと供給メディアはフロッピーディスク!)で稼働していました。ゲームの内容は敵基地内に潜入し、マップを見ながら爆弾を仕掛けていきます。敵もわんさか出てきますが、スーパーボムで一掃するか、近付いて倒す(この場合は1万点ボーナス)ことで対処。最終的には、マッドサイエンティスト・ミスターKが作り出した人工生命体を破壊することです(ミスターKもその前に倒します)。画面構成が複雑で、一画面の中にあらゆるデータやマップ、アイテムなどがすべて表示。プレイ画面は4分の1ほどの大きさしかありません(このせいでチマチマキャラゲームと言われるみたいです)・・。しかもマップで確認している時でも、油断は出来ません。その間に敵に一発でやられる危険性もあり、なかなか忙しいゲームになっています。

ちなみにクラックダウンというタイトル名は、Xbox360の海外版ゲームCrackdownとまるっきり被りますが、ゲーム内容は似ても似つかぬものであり、全然関係ありませんので勘違いにご注意下さい。
[size=x-small](イメージ:[url=http://www.mobygames.com/game/genesis/crack-down/cover-art/gameCoverId,17683/]MobyGames[/url])[/size]

【関連記事】
超レトロでちょっと怪しい『ゼルダの伝説』ボードゲーム
なんだか切なくなる『Deer Hunter II』プレイ動画
ハイビジョンでも、はど?けん!『Super Street Fighter II Turbo HD Remix』

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧

(C)SEGA All Rights Reserved
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

    PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

  2. 『Dragon Age II』DLC「The Exalted March」開発中止の真相

    『Dragon Age II』DLC「The Exalted March」開発中止の真相

  3. 『オーバーウォッチ』限定スペシャルボックスが抽選で100名に当たる!国内プロチームのスペシャルマッチも放送決定

    『オーバーウォッチ』限定スペシャルボックスが抽選で100名に当たる!国内プロチームのスペシャルマッチも放送決定

  4. SteamがPS4コントローラー正式サポート開始!ジャイロやタッチパッドにも対応

  5. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  6. 美少女RPG『クリミナルガールズ』Steam版に表現規制―「規制解除Mod」制作に公式許可

  7. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  8. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  9. Co-op対応の宇宙探索ゲーム『ASTRONEER』が早期アクセス開始!―楽しげなローンチトレイラーも披露

  10. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top