海外レビューハイスコア『Stranglehold』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Stranglehold』

家庭用ゲーム Xbox360



●[b]IGN: [size=medium]8.1[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―このゲームは「Hard Boiled」の本当の続編だ。そしてStrangleholdの実質的なスタイルについて、多くの意味が込められている。当然ながらストーリーはメロドラマ風であって忘れられやすく、出演する主役はアドレナリン全開である。

●[b]GamePro: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Strangleholdは、このゲーム自体の野心的な重さによって少しつまづきがあるかも知れず、可能性に於いてすべてを達成するという訳ではないかも知れない。だが、それはまだ伝説とも言えるアクションディレクターによる映画を超えた、独特で面白い8時間のツアーである。

●[b]GameSpy: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―ゲームは短く、爆発的で非常になめらかである。そしてそれは、我々が望んだすべてである。

●[b]GameTrailers: [size=medium]7.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Strangleholdは2時間の映画をハイジャックし、7時間ほどのゲームに仕上げている。コンセプトは素晴らしく、操作性、そして多くの冷静な行動をワルな刑事に何度も投げかける。しかし、その強さの種類を保持する事以外の、すべてのチャレンジはこれのみのものであり、プレイヤーに際限なく敵が攻撃を浴びせることは最高の方法ではない。

●[b]Team Xbox: [size=medium]7.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―超大作アクションのようで、Strangleholdが引きずられている(第2レベルはちょっと退屈)と思われる瞬間が確かにある。しかし、あなたがこの後のレベルをプレイする頃、あなたが心躍るものであるのか、という疑問は全く無い。


* * *


主人公のテキーラ(チョウ・ユンファ)は、先妻がシカゴでロシアンマフィアに誘拐されたのを知り、捜索に乗り出します。しかし、彼を待ち受けるのは大規模な犯罪集団。テキーラは家族を守ることが出来るのか?!単純明快なストーリー、そしてあらゆるアクションを前面に出して構成しているのが、このStrangleholdです。Xbox 360版は先行してデモが配信されていましたが、完成直前のバージョンということもあって「それなりのプレイ感」でした。しかし、製品版ではアクションや敵の攻撃などが調整されており、操作性も細かい部分が修正されて遊びやすさが向上しています。動きがスローになるテキーラタイム、確実なショットを決めることが出来るテキーラ・ボム、そして無敵技のローリングアタックはジョン・ウー監督作品であることを絶大にアピールする白い鳩が舞い、全体的にビジュアルにも秀でている徹底したアクションゲームとなっています。海外評価は全体的に良好、ゲーム性も水準以上ということで安定した評点を得ています。これまでのゲームの中で、一番開発費を掛けたタイトルなんて話もあるStranglehold。是非一度、プレイしてみることをお奨めします。PC版はこれから18日、PS3版は25日の発売予定。また、Xbox 360版は北米版(コレクターズ版含む)がリージョンフリーとなっていますので、日本版の本体でも遊べます。

【関連記事】
GC 07: 『Stranglehold』最新スクリーンショット&Xbox 360版デモ配信中!
『Stranglehold』デモ配信日と製品版発売日が決定!
『Stranglehold』最新ゲームプレイムービー2本

Strangleholdの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Midway All Rights Reserved.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

    『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  2. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

    『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  3. MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

    MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

  4. 文明絶頂から崩壊1000年後までを映す『Horizon Zero Dawn』タイムラプス映像

  5. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  6. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. Devolverがニンテンドースイッチ向け展開を示唆、気鋭のインディーゲームが到来か

  9. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  10. かずのこ選手監修の『フォーオナー』ヒーロー紹介映像!6ヒーローのオススメ戦法とは?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top