ハードコアゲーマーのためのWebメディア

DSで本格シューティング再び 『Nanostray 2』 気になる新要素と最新トレイラー

携帯ゲーム DS



今から2年前に、DSの初期ながら予想外に美しい3Dグラフィックに硬派な2Dのゲームデザイン、そして独特のネーミングセンスまで、日本のゲームファンもビックリなアーケードスタイルのシューティングとしてコアユーザーの話題を集めたNanostray(後に、弾爵という名前で改良されタイトーから発売)。随分前から発表されていた続編もとうとう完成が見えてきたようで、ドイツのShin'en Multimediaがプレスリリースを出しています。



* * * * * * * * *



2005年7月にオリジナルのNanostrayがリリースされた時、オールドスクールなシューターファンは喝采を叫びました。DSのスクリーンに展開される、これまでにないグラフィックと熱いゲームプレイは、ゲーマー達をあっという間に夢中にさせ、さらなる続編に飢えていました。シンエンは、彼らの叫びに応えます。


・タッチスクリーンを使うことは強制されなくなり、複数の操作方法から選ぶことが可能になりました。

・全ての操作が十字キーとボタンに設定される、クラシックコントロールモード。

・スタイラスを使って自機を直接動かす、タッチコントロールモード。

・全てのメニューや、さらに武器の選択なども含めて、タッチペンでもボタンでも行えます。

・ステージごとのバラエティと多くのチャレンジを保証する、縦横スクロールシーンの切り替え。

・難易度設定は、(ライフ量が少なくなるだけではなく)実際のゲームプレイも変化するように。

・無限コンテニューはなくなりました。5回までに制限され、プレイ時間で増加します。

・背景や環境全体とのインタラクションが増すことによる、さらに魅力的なゲームプレイ。

・通常ステージとは別に作られた、32種類の新たなチャレンジステージ。

・新しいウェポンシステムと、アンロック可能な追加要素。それぞれの武器はプレイに応じてアップグレード。

・任天堂のランキングサーバーを利用したインターネットランキング。公式サイトに手動登録する必要はなくなりました。

・アングルのなくなった新しいトップダウンビュー、美しいカットシーンを実現する特殊エフェクト、デザイン全体の改善。

・20曲以上の熱いサウンドトラック、全てのカットシーンはボイス付きに。


[size=x-small]やたらインパクトのあった直訳調のステージ名に続き、今回はボスの名前も日本語(?)付きに……[/size]


同時に公開されたトレイラーでは、新要素の横スクロールステージや友人とプレイ可能な(ローカルのみ)協力&対戦プレイ、これまでにないパワーアップの様子が垣間見られる他、なにやらプレイに応じてアーケード風のサイケなミニゲームもアンロックされるみたい。オールドファンにはちょっと懐かしい、ミッション形式の新チャレンジモードもなかなか良さそうです。


依然として日本国内での展開は不明ながら、今回も海外ではタイトーと縁のあるMajesco Entertainmentから、来年早々発売される予定になっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/shmuppet-master/whats-new-in-nanostray-2-319665.php]Kotaku: "What's New In Nanostray 2"[/url])[/size]

 
【関連記事】
『Nanostray 2』2008年に発売、事実
上の延期に

『Geometry Wars: Galaxies』2人同時プレイも可能に!プレイムービー
『Contra 4』NDS版のプレビューとゲームプレイムービー


Wi-Fi対戦も搭載! 『Advance Wars: Days of Ruin』 海外版トレイラーとプレイ動画
ピニャータをどこでもプレイ!DS版『Viva Pinata』スクリーンショット
id SoftwareのDSで3Dダンジョン『Orcs & Elves』新着スクリーンショット

80年代シューティングが、アクションゲームに乱入!禁断のクロスオーバー動画
日本のインディーシーンを引っ張る『Blast Works』長健太氏海外インタビュー
2Dゲームの変わらない魅力…『Prince of Persia』Jordan Mechnerのデザイン論



©Shin’en Multimedia, ©Majesco Entertainment All Rights Reserved.

 



 
《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

    スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  2. 映像の再現度をチェック、PS Vita版『Borderlands 2』家庭用機版との比較映像

    映像の再現度をチェック、PS Vita版『Borderlands 2』家庭用機版との比較映像

  3. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  4. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  5. 欧州でPS Vita向け『Ratchet & Clank Trilogy』がリリース、シリーズ初期3作がセットに

  6. 米任天堂、「2DS」の北米価格をさらに値下げ―79.99ドル

  7. PSP版『グランツーリスモ』体験版、DLC、ダメージ表現などについて開発者が回答

  8. 全然違ウ!海外版カバーアート『不思議のダンジョン 風来のシレンDS』

  9. 海外レビューハイスコア 『Etrian Odyssey』(世界樹の迷宮)

  10. コンパイル創業者の新作パズル『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top