『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Mass Effect』シンガポールで発禁?!問題の「レ○ビアン」シーンにより

家庭用ゲーム Xbox360

北米での発売が残り一週間となった[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=mass+effect&kcatid=&x=0&y=0]Mass Effect[/url]。Matureレートとなって北米では問題なくリリースとなりますが、なんとシンガポールで発禁となってしまったみたい。その原因は、言わずもがなのレ○ビアンイベント。キャラクターによって変わってしまうとはいえ、やっぱりダメなんですか……?


この悲報は、もうすぐ公式に発表されるらしく(2007年11月13日午後15時の時点では、ゲーム内容が[url=http://www.xbox.com/zh-SG/]Xbox公式サイト・シンガポール[/url]に変わらず記載中)、またもや一悶着となってしまいそうです。これにより、アジア版の発売が延期になるかどうかが心配されます。

過去にもXbox 360のタイトルでは、シンガポールにて[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=the+darkness&kcatid=&x=0&y=0]The Darkness[/url]が「過剰すぎる残忍な描写がある」という理由により発禁となり、アジア版発売が1ヶ月ほど延期になるという騒動が起きています。今回、このMass Effectの問題のシーンは「キャラクターの選択によって、そうなってしまう」ということであり、決め打ちされたものではありませんので発禁は酷すぎるような感じを受けます。でも、国によって審査の強度は違いますし、非常に複雑ですね……。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=22706]MaxConsole[/url])[/size]

【関連記事】
『Mass Effect』ディスク使用量は6.74GB!問題のムービーも
『Mass Effect』発売まであと10日待つべし!最新ムービー2本
『Mass Effect』実績リスト掲載 意味深な実績も

Mass Effectの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)BioWare, (C)Microsoft Games Studios All Rights Reserved.








《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

    現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  2. 新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

    新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

  3. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

    『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  4. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  7. 高速シューター『Nex Machina』プレイ映像!―『スマッシュT.V.』開発者と『RESOGUN』開発元のコラボ

  8. ヤギ銀行強盗!『Goat Simulator』DLC「PAYDAY」が国内Xbox One向け配信

  9. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語最新トレイラー、目標は麻薬カルテルの壊滅

  10. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top