Take-Two、アジア地域での業務拡大を発表 日本でのプレゼンスを高める方針 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Take-Two、アジア地域での業務拡大を発表 日本でのプレゼンスを高める方針

家庭用ゲーム PlayStation 2



4月14日、ニューヨークに本拠を置くパブリッシャー、Take-Two Interactiveがアジア太平洋地域(APAC)での業務を拡大することを発表しました。シンガポールにオフィスを設立、EAやVivendi Gamesで務め、APACでの実績を持つHubert Larenaudie氏が同地域の代表としてTake-Twoに加わります。アジア地域での製品販売の拡大、日本での強いプレゼンスの開発、(特に中国や韓国での)オンラインゲーム市場への参加を挙げています。

Take-Two Interactiveという会社名を聞きなれない人も多いかもしれませんが、内部にグランドセフトオートで知られるRockStar Games、バイオショックやオブリビオンで知られる2K Games、スポーツゲームブランドとして確立している2K Sportsを抱える巨大企業です。これまで日本版ローカライズをスパイクやカプコンなど外部に委託していたTake-Twoですが、今回、日本での存在感を高めていくと明言。エレクトロニック・アーツやユービーアイソフト、アクティビジョンのように“テイクツー・インタラクティブ”によるローカライズが行われる――そんな期待が持てる発表となっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.maxconsole.net/?mode=news&newsid=26877]Maxconsole[/url]) [/size]

【関連記事】
Take-Twoが『Bioshock』のMMOを検討中? 映画化やモバイル用ゲームも
噂は真実に!『Bioshock 2』発売決定 リリース時期は2009年第3四半期
『GTA』をめぐる駆け引き― EAがTake-Twoに買収提案 Take-Twoは拒否
推測される4つの説、『Grand Theft Auto IV』発売延期の背景には何が?

(C) 2008 TAKE-TWO INTERACTIVE SOFTWARE, INC. - ALL RIGHTS RESERVED
《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

    プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

  2. PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

    PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

  3. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

    PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

  4. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  9. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  10. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top