Wiiの魔法使い!世界進出『Wii Fit』 宮本茂氏が海外TIME誌に語る舞台裏 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wiiの魔法使い!世界進出『Wii Fit』 宮本茂氏が海外TIME誌に語る舞台裏

家庭用ゲーム Wii









日本では昨年の発売以来ヒットを続け既に200万本を突破、大々的なキャンペーンと共に先週、北米でもデビューを迎えて[url=http://www.nintendowiifanboy.com/2008/05/23/tracking-wii-fits-online-availability/]好調な滑り出し[/url]を見せている[b]Wii Fit[/b]。その最初のアイディアから開発に携わり、海外のTIME誌による「世界で最も影響力のある100人」に[url=http://www.time.com/time/specials/2007/time100/article/0,28804,1595326_1615737_1615521,00.html]選ばれたこともある[/url]、おなじみ任天堂の宮本茂氏に同誌がインタビューを行いました。

その名も、"Shigeru Miyamoto: The Wizard of Wii"(宮本茂、Wiiの魔法使い)。任天堂の公式サイトで好評の、岩田氏による[url=http://wii.com/jp/articles/wii-fit/crv/vol1/index.html]社長が訊く[/url]シリーズが英語圏でも掲載され、最近は海外でもすっかり有名になった必殺の[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Shigeru_Miyamoto#Delays]ちゃぶ台返し[/url]を始め、世界のメインストリームメディアを相手に、開発の苦労やその発想の源についての内容がまとめられています。




* * * * * * * * *







マリオやルイージのような人気者がいっぱいの冒険の数々を生み出して、宮本茂の名前はビデオゲーマーの間で崇拝を集めています。そして彼の同僚達の間ではまた、まるで漫画のようにカッと熱くなる、その性格でも同じように有名です。

先月、ニューヨークのホテルで会った時の彼は、拍子抜けするほど丁寧で礼儀正しい人でした。黒のジーンズとTシャツをカジュアルに着こなして、彼の15名の開発チームをストレスであわや瀬戸際にまで追い込んだ作品を、リラックスして幸せそうに披露します。



「まだ若い数人のスタッフ達が、自分の助けになってくれました。こうしたタイトルにじっくり取り組むことを納得してくれて、彼らがアイディアを具体化し、本当に特別なものへと変えてくれたんです」







おなじみの任天堂キャラクター達から宮本さんは距離をとり、Wii Fitではゲーマー達を新しい方向へと連れ出します。多くの人にとって体重を計ることは、それ自体が恐怖である一方、この体重137ポンド(62kg)の華奢なゲームデザイナーは、自分で壁に貼りつけた紙へと体重を記録していくことが面白いと気づいたとき、Wii Fitのアイディアは生まれました。


「僕の家族が、みんな関心を持ってくれたんです。家族の興奮ぶりを見ていたら、おっ、これは他の人たちにも教えてあげたい、きっと素敵な体験になるんじゃないかって」



開発者達が、バランスボードの4隅に対してそれぞれ[url=http://wii.com/jp/movies/wii-fit-movie2/]運動センサー[/url]を取り付けて、当初は正方形だった形を長方形にしようと決めたとき、Wii Fitのブレイクスルーはやってきました。これのおかげでただ体重を量るだけでなく、日本の整体術にヒントを得たバランステストや、板をスノーボードに見立てたスラロームにも使うことができるようになったのです。










現在55歳の彼、ビデオゲームにおける紛れもないウォルト・ディズニーには、創造力の天秤を途中でひっくり返してしまうだけのエネルギーがあります。その彼をして、Wii Fitを完成させるまでには、それで遊ぶことより遥かに苦しかったと認め、こう言います。


「このようなゲームを開発するにあたっては、大変な緊張感が伴い神経質になりがちです。ゲームは多くの期待を集め、開発者というのはそれを叶えようとして、ストレスが溜まり易いものなんです」


宮本さんは自身の個人的な生活体験から、新しいゲームをあみだします。その犬に対する愛情は、ペットゲームのNintendogsにつながり、庭弄りの趣味はニンジン型のピクミンへと育ちました。









そしてWii Fitにおいて、宮本さんはありふれた日常さえ、新しいエンターテインメントの源になるということを教えてくれます。


「あらためてWii Fitを見たときに、これを本当に幅広い層へ受け入れてもらえるインタラクティブな娯楽として、マリオと一緒に比較して考える人はなかなかいないと思います。いきいきとした本物のようなファンタジー世界を作ることにも魅力がある一方で、自分はみんなが普段とても面白いものだとは思ってもみないやり方で、現実そのものとやり取りする体験を考えてみるのです」


彼は現在、[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=1044]音楽ゲーム[/url]に取り組んでおり、今年の後半には出ることになっています。たとえ完成までには、また熱い情熱がクッパ大魔王の如く爆発しなくてはならないとしても。





[size=x-small](ソース: [url="http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1808635,00.html"]TIME: "Shigeru Miyamoto: The Wizard of Wii"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://www.nintendowiifanboy.com/2008/05/23/miyamoto-stressed-by-wii-fit/"]NintendoFanboy[/url], [url="http://www.flickr.com/photos/firelickr/2507792138/"]Flickr[/url])[/size]


 
【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Wii Fit』
『Wii Fit』 北米で発売、でも売ってない?発売日を巡って混乱
楽々体重測定?北米版の『Wiiフィット』にはペットの体重を量る機能を搭載


本場のメタボにはちょっと大変? 『Wii Fit』 体重制限の存在に海外からも思わぬ反響
最後まで遊んでみてね!『Metroid Prime 3: Corruption』宮本氏らが隠しメッセージ
It's a Me, Mario!世界が待ってた『スーパーマリオギャラクシー』発売イベント写真集

今年のTIME誌「最も影響力のある人物」、200万票を集めて宮本氏がぶっちぎり独走中
もしもゲームキャラクターがTIME誌のPerson of the Yearに選ばれたら……?
開発費もギネス級!『Grand Theft Auto IV』英Times紙がRockstarに潜入インタビュー

生きた伝説… 任天堂 宮本茂氏へ世界中のファンから寄せられた10の質問!
任天堂 宮本茂氏が本音の本音でゲームデザインを語る、海外誌インタビュー
絶好調な任天堂の変わらないその哲学…手塚卓志氏海外インタビュー

懲らしめるよりご褒美を!『Supreme Commander』Chris Taylorのデザイン論
2Dゲームの変わらない魅力…『Prince of Persia』Jordan Mechnerのデザイン論
あのポスタル・デュードが今こそ吼える!『Postal』Vince Desiのデザイン論


- トップに戻る -


(C) 2007 Nintendo Co., Ltd. All rights reserved.



 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. 川下りADV『The Flame in the Flood』のPS4版が発表!―海外で2017年にリリース

    川下りADV『The Flame in the Flood』のPS4版が発表!―海外で2017年にリリース

  3. ウィラメッテに再臨間近!『デッドライジング 4』海外ローンチ映像

    ウィラメッテに再臨間近!『デッドライジング 4』海外ローンチ映像

  4. 【特集】『FINAL FANTASY XV』購入前のFAQ!―気になる情報を総まとめ

  5. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  6. 家族パンチまで秒読み?『バイオハザード7』海外向け実写トレイラー

  7. 『Warframe』のムービークエスト「The War Within」がPS4/XB1にも12月に配信!

  8. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  9. PS Plusの12月配信注目コンテンツをご紹介―PS4『FF15』サントラ・Vita『絶対絶望少女 ダンガンロンパ』など!

  10. PC版『Shantae: Half-Genie Hero』支援者向け早期アクセス開始―製品版コード配布も今月中に

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top