ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Amazonのレビューが全削除!?『Spore』の厳しいコピー制限に、発売元のEAが反論

PC Windows

[size=x-small]分厚いアートブックの他、さらにDVDなどが付いた豪華な海外版Galactic Edition。もちろんDRMも付いております…[/size]





コアなゲームファンには少々物足りない面もあるものの、発売後には多くのゲームサイトから好意的に迎えられた、おなじみWill Wright氏の壮大な野心作[b]Spore[/b]。しかし、ゲームにはインストール回数を制限する非常に厳しいコピープロテクションが施されていたため、残念なことに一部の海外ユーザーの間では、今もゲームとは全く別のところで炎上中。

日本でもおなじみ[url=http://www.amazon.com/Spore-Mac/dp/B000FKBCX4/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=videogames&qid=1221249769&sr=8-1]Amazon.com[/url]の商品レビューでは、とうとう2,000件以上の最低評価が書き込まれる事態に発展し、発売元のEAが反論を展開。さらに今日になって、Amazonでは一時すべてのレビューが消えてしまう事件まで発生し、ただいまお祭り騒ぎに拍車がかかっているみたい。

* * * * * * * * *













「自分は、泥棒のように扱われるのはごめんです」

「DRMは誤った考えでした。ゲームはいいけど、DRMは最悪」

「これでは、ゲームを買ったんじゃなくて要するにレンタルです」

「厳しすぎるDRMは、このゲーム本来の寿命や拡張性を駄目にしてしまいます」

「パッチで正常に修正されるまで、ゲームは絶対買いません」

「お金を払ったユーザーだけが不都合な目に遭わされるのに、
これで違法コピーを止められると思いますか?」


「3回しかインストールできないなんて、馬鹿げたDRMの付いたソフトは二度と買わない」






以前から発表されてはいたものの、Sporeでは今春にEAから発売になったMass EffectのPC版でも採用され、海外ではユーザーの間で大きな騒ぎになった、SecuROMと呼ばれるかなり厳格なDRM制限が施されており、インストール時と初回起動時にはネット経由でのアクティベーションが必要な他、異なるPCへのインストール回数は3回まで、これを越えるとEAのカスタマーサービスに連絡して正規ユーザーであることを証明させられる(認証可能かどうかは、[url=http://easpore.custhelp.com/cgi-bin/easpore.cfg/php/enduser/std_adp.php?p_faqid=19743]ケースバイケースで対応[/url]…)というあたりが、またしても大きな反発を招いているようです。

今やMaxisの元社員さえ[url=http://news.spong.com/article/16171/Former_Maxis_Man_Spore_DRM_is_a_Screw_Up?cb=390]大失敗だった[/url]と語る、こうした厳しいコピー制限ですが、一方のEAは今日Gamasutraに[url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=20218]反論を展開[/url]。同社の統計によれば、複数のPCにアクティベーションを行ったユーザーは全体の25%以下、最後の3回目よりも多くのアカウントを希望した顧客は1%未満だったとのこと。

EAで企業広報を担当する、Mariam Sughayer氏は言います。


「基本的なコピープロテクションのシステムを、私たちは今も変更していません」

「PCにディスクを入れておくことで、ゲームをプレイする際に毎回認証が必要なやり方から、EAでは単にオンラインで一度認証する方式に変えただけなのです」



実は以前、Mass Effectの発売時には、インストール後にもさらに10日間ごと、プレイし続ける限り毎回PCの状態をチェックする必要があったのですが、激しい非難の末に開発元のBioWareとEAが協議し、初回プレイ時のみのオンライン認証に変更された経緯があります。






しかし、PCゲームの違法コピーには特に悩まされてきたEAも、今回ばかりはこれ以上の譲歩をするつもりはないみたい。Sughayer氏は、ゲームのアクティベーションに必要な、ハードウェア情報の断片以外の個人情報をネットに送信したりはしないこと、さらにはスパイウェアやマルウェア的なものをインストールするといった話は、全くの誤解だと強調しながら、異なるPCへのコピーが一定数に制限されているiTunesを例に出して反論。現在EAとMaxisは、ユーザーコミュニティに向けてこう声明を出しています。


「ユーザーは、三台のPCにインストールすることが出来ます。あなたの部屋で、そしてオフィスや、家族のために。あなたが出来ないことは、1,000個のコピーを作ってネットで配布することです」


ちなみに、突然全てのカスタマーレビューが消されてしまったAmazon.comの[url=http://www.amazon.com/Spore-Mac/dp/B000FKBCX4/ref=pd_bbs_sr_1?ie=UTF8&s=videogames&qid=1221249769&sr=8-1]商品ページ[/url]ですが、同社の代表が[url=http://kotaku.com/5049212/amazon-deletes-all-spore-customer-reviews-blames-site-glitch]Kotakuに語ったところ[/url]によれば、決して故意に行ったことではなく、実は単なる不具合(!)だったんだとか。事の真偽はともかく、今後もガイドラインに違反したレビューは個別の削除で対処していくとのことで、現在はとりあえず元の状態で見られるようになっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=20218]Gamasutra: "Electronic Arts Responds To Spore DRM Criticism"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://www.joystiq.com/2008/09/12/amazons-spore-reviews-vanish-in-glitch-return-soon-after/"]Joystiq[/url])[/size]

 
[b]※Update: [/b]EAの言うiTunes風DRM制御ですが、新たに同社のスポークスマンによると、アクティベーションが3台までのPCに限られ、アンインストールしても認証を解除することが出来なかった部分に関しては、「[url=http://multiplayerblog.mtv.com/2008/09/16/spore-drm-update-ea-loosening-one-restriction/]近い将来[/url]」パッチがリリースされるとのこと。

また、もし将来EAがCDキーの認証を止めてしまったら、ディスクが完全にゴミになってしまうという一部の懸念に対して、サーバーを停止する前には、こうしたDRMを無効にするパッチを出すとしています。

【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Spore』
『Spore』の生みの親ウィル・ライト氏の愛する5つのゲームとは?
本日の一枚 『世界で一番小さなSPOREの宣伝看板』

乗り物から宇宙フェーズまで『Spore』最新情報プレビュー
果てしない増殖。ユーザーが生み出した『Spore』のクリーチャーがついに100万匹を突破
一億本!『The Sims』がシリーズ累計セールス100,000,000本を達成

PC専用は最後?『Crysis Warhead』発表で気になるCrytekのプラットフォーム戦略
「PSPの違法行為はもう許さん!(本体が売れても)」…SCEEのボスが重い口を開く
またも海賊版の流通で、Wii本体の値段は急上昇!?中国では…

PCゲームの危機にNOを叫ぶ!『Steam』 Gabe Newell氏が語るPCの可能性
ギネスにも仲間入り!『Civilization』海外ゲームの父Sid Meier氏に聞く10の質問
開発費もギネス級!『Grand Theft Auto IV』英Times紙がRockstarに潜入インタビュー


明る過ぎ?止まないイメージ論争『Diablo III』のアートワークに新展開
米アマゾンを撃沈『メタルギアソリッド4』80GBバンドルパックが7分で予約完売
人種差別?アフリカ人女性が『バイオハザード5』をブログで非難 → 炎上


『Spore』の関連記事をGame*Sparkで検索!



- トップに戻る -





(C) 2008 Electronic Arts Inc. All rights reserved.



 






《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

    『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

  2. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

    恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  3. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

    殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  4. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  5. 非対称PvPホラー『Dead by Daylight』プレイレポ―開発者からメッセージも

  6. リマスター版『スカイリム』無料アップグレードにCS版が無い理由は?

  7. 強烈ニンジャFPS『Shadow Warrior 2』怒涛ロングゲームプレイ!

  8. 先生、あともう1ターン…歴史学習用『CivilizationEDU』米高校向けに提供へ

  9. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  10. 船を建造して冒険! 海洋ADV『The Last Leviathan』が早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top