ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wiiには興味なし?Bethesda、『The Elder Scrolls』の最新作を2010年にも発売に

PC Windows

メディアやファンから絶賛を浴びる一方で、今度はインドでも発禁が[url=http://www.joystiq.com/2008/10/22/fallout-3-release-on-xbox-360-canceled-in-india/]噂[/url]されるなど、とにかく発売後も話題の絶えないFallout 3ですが、その開発を手掛けたBethesdaといえば、日本でもファンの多いThe Elder Scrollsシリーズ(ザ エルダースクロールズ)の生みの親。

今週、彼らがGamesIndustry.bizに語ったところによれば、Elder Scrollsの最新作は、2010年にも実現の可能性があるそうです。BethesdaのPaul Oughton氏は、同社のパブリッシング計画について次のように話しています。

“現段階で、Fallout 3を年内に用意することができました。そして、2010年には新しいElder Scrollsシリーズのタイトルを実現できる可能性があります。(中略) 今のところ我々は、Wii用タイトルの開発には興味がなく、PS3とXbox 360、そしてPC用のタイトルだけに注力していきます。年間で3〜4本のビッグタイトルを発売していくことになるでしょう”


また、任天堂プラットフォームには関与しない意向を明かしたOughton氏、任天堂が一般大衆向けの巨大なマーケットの確立に成功したことを賛辞しながら、同時に、そうしたカジュアルタイトルの存在は既に飽和状態に達しつつあることも危惧しているようです。

ともあれ、オブリビオンの隅から隅まで遊びつくしてしまったTESシリーズのファンには、思ったよりも意外に早く、最新作をプレイできる日が来るかもしれませんね。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamesindustry.biz/articles/bethesda-pencils-in-new-elder-scrolls-title-for-2010]GamesIndustry.biz: Bethesda pencils in new Elder Scrolls title for 2010[/url])[/size]

【関連記事】
荒廃した世界には何が待ち受けているのか……『Fallout 3』ゲームプレイ映像5本立て!
リアルなドラッグ描写に待った『Fallout 3』オーストラリアで発売禁止の処分
新プロジェクト?Bethesda SoftworksとETQWのSplash Damageが提携を発表
エルダースクロールズ オンライン?Bethesdaの親会社が謎のドメインを取得
TGS 08: 開発も完了し後は発売を待つだけ! 『Fallout 3』最新トレイラー

(C) 2007 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. All Rights Reserved.

- トップに戻る -







《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

    開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  2. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

    『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  3. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

    非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  4. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  5. Ubisoftが『Ghost Recon Phantoms』をSteamで最もプレイされているF2Pタイトル第3位と発表、アジア圏で人気に

  6. 『タイタンフォール2』マルチプレイテストはPS4/XB1のみ対象として実施

  7. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  8. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

  9. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  10. 『Overwatch』海外公式フォーラムでミステリアスな投稿―「Sombra」の新たなヒントか

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top