『Crackdown』の主要開発メンバーが新スタジオを設立。『Crackdown 2』を開発中? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crackdown』の主要開発メンバーが新スタジオを設立。『Crackdown 2』を開発中?

家庭用ゲーム Xbox360

[size=x-small]※新スタジオRuffianのロゴ[/size]


2007年に発売されたオープンワールドタイプのアクションゲーム、[b]Crackdown(ライオットアクト)[/b]のリードデザイナーBilly Thomson氏を含む数人の主要メンバーが新スタジオを設立、[b]Crackdown 2[/b]の開発に取り組んでいるのではないかとの情報が[url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=21594]Gamasutraに掲載[/url]されています。



新スタジオ[b]"Ruffian Games"[/b]はスコットランドのダンディーに開設されたそうで、Flickrには新たなオフィスを視察している写真などが[url=http://www.flickr.com/photos/ruffiangames/]アップロードされています[/url](視察は10月頃に行われた模様)。

ちなみにスタジオ名の"Ruffian"を辞書で引くと、悪漢・無法者・ごろつき・曲者といった訳が出てきますが、スタジオロゴを見た感じ"やんちゃ・悪がき"といった意味合いが込められているのかもしれません。



新たに開設されたRuffian GamesでCrackdown 2が開発されているのかどうか真実は分かりませんが、Game Informer誌では以下の様な記述もあるので嘘とも言い切れません。

[i]Crackdownの最初のタイトルはRealtime Worldsによって開発されました。しかし現在同社はCrackdown 2ではなく、APBの開発に取り組んでいます。[b]続編は違う開発チームが制作します。[/b][/i]

加えてLarry 'Major Nelson' HrybポッドキャストにおいてCrackdownの続編の可能性について聞かれたMicrosoft Game StudiosのPhil Spencer氏も以下の様な意味深な発言をしています。

[i]Crackdownはお気に入りのゲームの内の1つです。[b]私のコメントはそれくらいにしておきます。[/b][/i]

果たして事の真相や如何に。もし本当に開発されているのだとしたらどのような内容となっているのか非常に気になります。前作以上にはっちゃけた素晴らしい作品を期待したいですね。
[size=x-small](ソース:[url=http://kotaku.com/5113822/crackdown-devs-form-new-studio-working-on-crackdown-2]Kotaku[/url], イメージ:[url=http://www.flickr.com/photos/ruffiangames/]Flickr[/url])[/size]

* * * * * * * * *



※UPDATE: Realtime WorldsのColin MacDonald氏が、続編のCrackdown 2開発について現在Microsoftと協議中であることを[url=http://www.videogaming247.com/2008/12/19/exclusive-realtime-worlds-confirms-ongoing-crackdown-2-discussions-with-microsoft/]videogaming247に明かした[/url]そうです。今回の噂についてMacDonald氏は以下のように話しています。
[i]
RTW以外の駆け出しのデベロッパーにCrackdown 2の開発資金を提供をして、有益な発展関係を害するようなギャンブルをMicrosoftがするとは思えません。
[/i]

Realtime Worldsの元スタッフによるRuffian Games設立については以下のように話しています。
[i]
恐らく5〜6人の元Realtime WorldsスタッフがRuffian Gamesに雇われたと考えています。RTWのファミリーを失うのは悲しい事ですが、Crackdown開発メンバーの大多数はRTWに残っており200名以上の優秀なスタッフと共に、APBや現在未発表のプロジェクトの開発に携わっているのでファンには安心して欲しいです。
[/i]

今回のRuffian GamesによるCrackdown 2開発の噂は否定されてしまいましたが、白紙の状態ながらもRealtime WorldsとMicrosoftはCrackdown 2開発について協議中との事なので今後の展開に注目が集まりますね。
[size=x-small](ソース:[url=http://www.videogaming247.com/2008/12/19/exclusive-realtime-worlds-confirms-ongoing-crackdown-2-discussions-with-microsoft/]videogaming247[/url])[/size]

【関連記事】
『Crackdown』まさに超人、チートを使った無限ジャンプ
『Crackdown』DLCは既に北米ではavailable!…チートモード動画
間もなく配信!?『Crackdown』追加コンテンツの全容
で、いつ配信?続報『Crackdown』新コンテンツの画像が公開
で、いつ配信?『Crackdown』のDLCについてプロデューサーがコメント
『Crackdown』新コンテンツの噂

期待のMMO『APB』はアルファ段階に移行 パブリックベータを計画中
“GTA Online”?MMOアクション『APB』がRockstarと提携の噂
Realtime Worlds、開発中の『APB』の販売権を再取得
GDC 08: MMOを再定義する『APB』 Dave Jones氏によるデモンストレーション
GTAを超える?『APB』 Realtime Worldsの最新作はMMO!

Crackdownの関連記事をGame*Sparkで検索!
APBの関連記事をGame*Sparkで検索!

- トップに戻る -








《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. 【特集】『FINAL FANTASY XV』購入前のFAQ!―気になる情報を総まとめ

    【特集】『FINAL FANTASY XV』購入前のFAQ!―気になる情報を総まとめ

  3. 【特集】編集部が独断で選ぶ『バトルフィールド1』オススメ武器ベスト10

    【特集】編集部が独断で選ぶ『バトルフィールド1』オススメ武器ベスト10

  4. ウィラメッテに再臨間近!『デッドライジング 4』海外ローンチ映像

  5. 川下りADV『The Flame in the Flood』のPS4版が発表!―海外で2017年にリリース

  6. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  7. PS Plusの12月配信注目コンテンツをご紹介―PS4『FF15』サントラ・Vita『絶対絶望少女 ダンガンロンパ』など!

  8. PS4版『ARK: Survival Evolved』海外発売日決定!―拡張パック「Scorched Earth」も同梱

  9. PS4版『Fallout 4』『Skyrim Special Edition』のMod対応が再発表!

  10. 『ウォッチドッグス2』日本語吹替版トレイラー公開!藤原啓治など声優一覧も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top