Crytek「クラウドゲーミングは2013年以降にならないと実現は難しい。」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Crytek「クラウドゲーミングは2013年以降にならないと実現は難しい。」

PC Windows



ハイエンドなPCやゲーム機がなくても、最新の次世代ゲームがストリーミングでプレイできてしまう未来のゲーム配信サービスOnLive。GDC 09で最も注目を集めた発表といっても過言ではありませんが、本当にビジネスとして成り立つのか、特に技術面を疑問視する声があちこちで上がっています。

CrytekのボスCevat Yerli氏は、クラウドゲーミングのサービスの実現はもっと先になると指摘しています。

“全世界で一般家庭における回線容量の開発が進めば、2013年から2015年には(クラウドゲーミングが)実行可能になるかもしれません。”


OnLiveのサービスが存続するためには、今よりも優れた通信環境の基礎構造が必要になると分析。また、OnLiveのカンファレンスではCrysisを使ったデモンストレーションが披露されましたが、OnLiveのビジネスにCrytekが関与していないことも明らかに。Yerli氏は、サービスの導入を疑いながらも、「興味深く見守りたい」と話しています。

SCEAの関係者やUKのメディアからも同様の否定的な意見が出ているOnLiveですが、設立者のSteve Perlman氏は、「懐疑的になって当然」と強気の姿勢を見せており、予定通りこの夏にもベータテストを開始する計画。

マイクロソフトやGoogleが十億ドル単位で買収するかもしれないと、大胆予想する声もあるクラウドゲーミングサービス。ゲームマーケットの中でどのような方向に進んでいくのか、これからの道のりに強い関心を寄せられています。(ソース: GamesIndustry: Crytek: Streaming games service viable in 2013, Joystiq: OnLive founder Steve Perlman wants you to be skeptical)

【関連記事】
GDC 09: 『Crysis Warhead』を実演!『OnLive』プレスカンファレンス映像
海外アナリスト「家庭用ゲームは現行機が最後の世代になる。」
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
GDC 09: 『CryENGINE 3』の新トレイラーとスクリーンショットが公開
GDC 09: 表現力が更にパワーアップした『CryENGINE 3』の映像が初公開
Crytek社が新タイトルを開発中、タイトルは『Warface』か?
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

    PC/XB1『Ooblets』は『ポケモン』『牧場物語』『どうぶつの森』を混ぜたような農業ゲーム

  2. 新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

    新作WW2FPS『Fog of War』がSteam早期アクセス!―広大な戦場で50vs50の戦いが展開

  3. PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

    PC版『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語OBTプリロード開始!

  4. 日活『刺青の国』のSteam版およびPS Vita英語版が販売へ

  5. 『デッドライジング4』Steam版予約開始、Win10以外でもフランクさんが大活躍!

  6. オープンワールド『The Day After』海外発表―細菌により隔離された鉱山都市

  7. 『ドラゴンクエストヒーローズII』のSteam版が海外発表―4月配信予定

  8. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  9. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  10. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top