ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Crytek「クラウドゲーミングは2013年以降にならないと実現は難しい。」

April 03, 2009(Fri) 15:22 / by Rio Tani



ハイエンドなPCやゲーム機がなくても、最新の次世代ゲームがストリーミングでプレイできてしまう未来のゲーム配信サービスOnLive。GDC 09で最も注目を集めた発表といっても過言ではありませんが、本当にビジネスとして成り立つのか、特に技術面を疑問視する声があちこちで上がっています。

CrytekのボスCevat Yerli氏は、クラウドゲーミングのサービスの実現はもっと先になると指摘しています。

“全世界で一般家庭における回線容量の開発が進めば、2013年から2015年には(クラウドゲーミングが)実行可能になるかもしれません。”


OnLiveのサービスが存続するためには、今よりも優れた通信環境の基礎構造が必要になると分析。また、OnLiveのカンファレンスではCrysisを使ったデモンストレーションが披露されましたが、OnLiveのビジネスにCrytekが関与していないことも明らかに。Yerli氏は、サービスの導入を疑いながらも、「興味深く見守りたい」と話しています。

SCEAの関係者やUKのメディアからも同様の否定的な意見が出ているOnLiveですが、設立者のSteve Perlman氏は、「懐疑的になって当然」と強気の姿勢を見せており、予定通りこの夏にもベータテストを開始する計画。

マイクロソフトやGoogleが十億ドル単位で買収するかもしれないと、大胆予想する声もあるクラウドゲーミングサービス。ゲームマーケットの中でどのような方向に進んでいくのか、これからの道のりに強い関心を寄せられています。(ソース: GamesIndustry: Crytek: Streaming games service viable in 2013, Joystiq: OnLive founder Steve Perlman wants you to be skeptical)

【関連記事】
GDC 09: 『Crysis Warhead』を実演!『OnLive』プレスカンファレンス映像
海外アナリスト「家庭用ゲームは現行機が最後の世代になる。」
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
GDC 09: 『CryENGINE 3』の新トレイラーとスクリーンショットが公開
GDC 09: 表現力が更にパワーアップした『CryENGINE 3』の映像が初公開
Crytek社が新タイトルを開発中、タイトルは『Warface』か?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image