id Software CEO『Doom 4』の詳細を一部明らかに。マルチプラットフォームについても語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

id Software CEO『Doom 4』の詳細を一部明らかに。マルチプラットフォームについても語る

PC Windows



id SoftwareのCEOであるTodd Hollenshead氏はGameSpotのインタビューにおいて、昨年5月に制作が発表されたDoom 4に関する若干の詳細を明らかにしました。

Hollenshead氏曰くDoom 4はDoom 3の続編でもなく、それ以外の再始動でもない」との事ですが、以前行われたShacknewsのインタビューではDoom II流の純粋なアクション要素に焦点を当てたものとなる事が伝えられており、オリジナルのDoomのコンセプトに近い作品となることが予想されます。

Xbox 360やPS3での登場も予定されている本作ですが、インタビューではHollenshead氏のマルチプラットフォームに対する考え方も語られています。

「我々のルーツがPCゲームにあるという事に疑いの余地はありません。そしてマウスとキーボードは私がFPSをプレイする時にあってほしい構成です」

Hollenshead氏は上記のように話しながらも、海賊版に関する問題や小売業者がコンソールゲームをメインに取り扱っている事などから、独立系開発業者はPCプラットフォームを第一とせず、全てのプラットフォームを視野に入れることが必要であると述べています。

ただしWiiを中心に見据えたタイトル開発については今のところ考えていないようで、「Wiiの成功は偉大だし我々もWiiが好きだが、我々が作るゲームのタイプのためのものではない」と理由付けています。

現在までに発売された数多くのFPSに影響を与えたDoomシリーズの最新作、Doom 4は一体どのようなものとなっているのでしょうか。今後のFPS界を更に牽引する役目を果たせる素晴らしい内容となっていることを期待したいですね。ちなみに6月に開催されるE3では未発表の新情報も明らかにされるとの事でそちらにも注目が集まります。
(ソース: Shacknews, イメージ: Doom Wiki)

(c)Id Software, Inc. All rights reserved.

【関連記事】
ドウェイン“ザ・ロック”ジョンソンが、映画『DOOM』は失敗だったと発言
id Software、Wii専用タイトルの開発を協議中。John Carmack氏も意欲を示す
id Softwareの主力シリーズが四年の沈黙を破って始動!『Doom 4』制作発表
XBLA: アーケードHitsに『Doom』『Assault Heroes』が仲間入り!今後のタイトルも

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 【レポート】『AKIBA'S TRIP Festa!』の少女たちが編集部にきたので服を脱がしたら…

    【レポート】『AKIBA'S TRIP Festa!』の少女たちが編集部にきたので服を脱がしたら…

  2. WW2FPS『Days of War』早期アクセス実施へ―「プライベート・ライアン」風トレイラーも

    WW2FPS『Days of War』早期アクセス実施へ―「プライベート・ライアン」風トレイラーも

  3. Ubi30周年記念『アサシン クリード III』PC向け英語版無料配信開始!

    Ubi30周年記念『アサシン クリード III』PC向け英語版無料配信開始!

  4. 【特集】見た目に騙されるな!『Paladins』はMOBA要素も備えた無料対戦FPSだった

  5. キュートなキャラのSRPG『Super Dungeon Tactics』トレイラー公開

  6. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  7. 【特集】『たけしの挑戦状2015』の“作りこみが半端ない”ので、エンディングまで攻略してみた

  8. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  9. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  10. 隣人の真顔が怖すぎホラー『Hello Neighbor』開発中ゲームプレイ!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top