ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マリオやピーチ姫の未来の姿…?ちょっと不思議でせつない海外広告アート

ゲーム文化 カルチャー

中年時代のマリオ。頭が……


ギャングスタ風になってしまったドンキーコング


夜のお仕事にいそしむピーチ姫


これらの作品は、どうやら海外ラジオ番組の宣伝用ポスターのようですが、マリオやピーチ姫の未来の姿(?)が描かれています。今はゲームの世界で現役の彼らも、いつかこんな姿に……なってほしくないですね!(ソース: ADS of the World via Offworld)

【関連記事】
これが彼らの真実の姿だ! 有名キャラクター達による『8-Bit Fatality』
マリオやロックマンのゲーム画面を、絵画風にペイントした幻想的なファンアート
海外ゲームファンの自作カバーアートがかっこよすぎる件
もしもゲーム機が化石として発掘されたら…。神秘的な海外彫刻アート
本日の一枚 『やばいくらいにリアルなガイルのCGアート』
本日の一枚『僕らの公園を守れ! お子様版Left 4 Dead』
本日の一枚 『本場英国仕込みのピーチ姫コスプレ』
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. LEGOで忠実再現の『オーバーウォッチ』バスティオンとゲンジ!

    LEGOで忠実再現の『オーバーウォッチ』バスティオンとゲンジ!

  2. 『オーバーウォッチ』ボリューム満点の女性版ロードホッグコスプレ!

    『オーバーウォッチ』ボリューム満点の女性版ロードホッグコスプレ!

  3. 「ゲームカセット」を持ち主へ…思い出を届けるサイト「名前入りカセット博物館」とは

    「ゲームカセット」を持ち主へ…思い出を届けるサイト「名前入りカセット博物館」とは

  4. アサシンもシャウト!ユービーアイソフトのgamescom公式まとめ映像

  5. 『Destiny』ファン配信で50万ドル以上の募金額、Bungieスタッフにも波及

  6. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  7. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  8. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  9. もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが犬だったら?―元Naughty Dogアーティストが描くワンダフルなファンアート

  10. 海外ゲーマーのお母さんが『オーバーウォッチ』キャラを当てずっぽうで解説

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top