“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下

ニュース 最新ニュース



正式タイトル名から“Call of Duty”の文字が消え、フランチャイズから独立した感もあるInfinity WardのModern Warfare 2。このタイトル名変更の決断により、ユーザーの認知度が大幅に減少していると海外の調査会社が発表しています。

米国のゲーマーを対象にデータを集めたOTXの調べによると、Call of Duty: Modern Warfare 2と呼ばれていた時期は、ゲームに対するユーザーの認知度が全体の40%だったのに対し、ゲームの正式名称がModern Warfare 2に決定したことで、認知度が20%に低下したとのこと。言い換えると、“Call of Duty”というブランドネームバリューは、ユーザーの意識を二倍にする効果があったということになります。

しかしこうした認知度低下の背景があっても、Modern Warfare 2のユーザー購入意欲は依然として非常に高いものだとOTXは指摘。E3 2009後に集計された期待作のランキングによると、Modern Warfare 2のXbox 360版は、Halo 3: ODST、New スーパーマリオブラザーズ Wii、God of War III、FF13、Assassin's Creed 2に次ぐ第六位に位置し、予約本数も現在最も高い数字を記録しているそうです。(ソース: Gamasutra: Survey: Modern Warfare 2 Loses Brand Awareness Without 'Call of Duty')


【関連記事】
Activision、ジャンルを超えた『Call of Duty』フランチャイズの拡大を計画中
『Modern Warfare 2』キャンペーンモードはCo-op非対応、2人用のSpecial Opsモードを実装
Activision「PS3を値下げしないならソニーのサポートを止めるかもしれない」
DLCは200万回ダウンロード!『Call of Duty: World at War』の販売本数が1100万本突破
E3 09: 『Modern Warfare 2』MSカンファレンス直撮りゲームプレイ映像
『Call of Duty 4: Modern Warfare』Xbox LIVEのプレイヤー数は1300万人に
Activision「Modern Warfare 2でゲーム史上最大のセールスを記録したい。」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

    『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

  2. 噂: 『クラッシュ・バンディクー』リマスター3部作はPS4時限独占か

    噂: 『クラッシュ・バンディクー』リマスター3部作はPS4時限独占か

  3. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

    『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  4. 豪州にてSteam販売価格に消費税導入、日本でも3月から開始か

  5. 『レインボーシックス シージ』不具合修正のパッチ2.1.1が配信決定【UPDATE】

  6. 名作MMORPG『Anarchy Online』がSteamに降臨!

  7. 『オーバーウォッチ』24人目のヒーローは11歳の天才少女?公式ブログにて新情報【UPDATE】

  8. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top