“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下

ニュース 最新ニュース



正式タイトル名から“Call of Duty”の文字が消え、フランチャイズから独立した感もあるInfinity WardのModern Warfare 2。このタイトル名変更の決断により、ユーザーの認知度が大幅に減少していると海外の調査会社が発表しています。

米国のゲーマーを対象にデータを集めたOTXの調べによると、Call of Duty: Modern Warfare 2と呼ばれていた時期は、ゲームに対するユーザーの認知度が全体の40%だったのに対し、ゲームの正式名称がModern Warfare 2に決定したことで、認知度が20%に低下したとのこと。言い換えると、“Call of Duty”というブランドネームバリューは、ユーザーの意識を二倍にする効果があったということになります。

しかしこうした認知度低下の背景があっても、Modern Warfare 2のユーザー購入意欲は依然として非常に高いものだとOTXは指摘。E3 2009後に集計された期待作のランキングによると、Modern Warfare 2のXbox 360版は、Halo 3: ODST、New スーパーマリオブラザーズ Wii、God of War III、FF13、Assassin's Creed 2に次ぐ第六位に位置し、予約本数も現在最も高い数字を記録しているそうです。(ソース: Gamasutra: Survey: Modern Warfare 2 Loses Brand Awareness Without 'Call of Duty')


【関連記事】
Activision、ジャンルを超えた『Call of Duty』フランチャイズの拡大を計画中
『Modern Warfare 2』キャンペーンモードはCo-op非対応、2人用のSpecial Opsモードを実装
Activision「PS3を値下げしないならソニーのサポートを止めるかもしれない」
DLCは200万回ダウンロード!『Call of Duty: World at War』の販売本数が1100万本突破
E3 09: 『Modern Warfare 2』MSカンファレンス直撮りゲームプレイ映像
『Call of Duty 4: Modern Warfare』Xbox LIVEのプレイヤー数は1300万人に
Activision「Modern Warfare 2でゲーム史上最大のセールスを記録したい。」
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  2. 『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

    『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

  3. 『Portal』『L4D』デザイナーKim Swift氏がEAに移籍―Motiveで活動へ

    『Portal』『L4D』デザイナーKim Swift氏がEAに移籍―Motiveで活動へ

  4. 牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語実装間近か―ニンテンドースイッチ版にも言及

  5. マイクラ風の『ARK』新作『PixArk』が海外発表―ポケモンGO風の新作ARゲームも

  6. 噂: 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応

  7. 20世紀Foxがゲーム部門「FoxNext」を設立―「猿の惑星」のVRタイトルなど予定

  8. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top