ハードコアゲーマーのためのWebメディア

UK小売店 「PSP Goを入荷する理由がまったく見当たらない」

携帯ゲーム PSP



対応ソフトはダウンロード版のみということで、発表当初は日本の小売店から一部で反発の声があがった新型機PSP Go。イギリスの小売業者からも、「在庫を置く理由がない」などと悲観的な意見が出ているようです。

小規模ながらイギリスに30店舗を持つChipsの経営者は、Edge Onlineの取材に対し「個人的な見解だが、(PSP Goの)在庫が必要か?と改めて考えると、今のところ入荷する理由は何一つ見当たらない」とコメント。通常、新型ゲーム機が発表されると、問い合わせが殺到してすぐに予約が入るそうですが、今のところ利用者から反応はほとんどなく、予約は一件も入っていないとのこと。

一方、21店舗を持つGrainger Gamesの経営者は、ここ一週間でPSP本体が5台しか売れなかったといい、欧州では推奨価格が200〜230ユーロと発表されたPSP Goの価格に驚いたそうです。「今のところ(PSP Go)の予約は全く入っていません。おそらく必要最低限の在庫しか持たないでしょう」と消極的な様子。

数百万台以上を売るには高すぎる」とアナリストも指摘していましたが、小売店側からも本体価格の設定には疑問の声が出始めているPSP Go。ソフトではグランツーリスモGrand Theft AutoLittleBigPlanetAssassin's Creedと10月(国内11月)の本体ローンチに合わせた魅力的なラインナップが揃いつつありますが、本体はどれほど売れることになるのでしょうか。(ソース: Edge Online: UK Indie Retailers Downbeat On PSP Go, イメージ: Flickr)


【関連記事】
「PSP Goはぼったくり」発言のアナリストが謝罪 → 「だが高すぎる」
「最も影響力あったのはマイクロソフト」「PSP Goは高すぎ」アナリストが各社のE3発表を分析
PSP Goのバッテリー持続時間は現行機と同じ。およそ3〜6時間に
ソニー、10月1日より発売済みPSPタイトルの大多数をダウンロード販売開始
E3 09: ソニー、ユーザーの所持するUMDをデジタル版に交換するサービスを計画中
E3 09: PSP go「パール・ホワイト」本体のオフィシャルショットが公開
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vita/PSP『討鬼伝』のキャラ作成や武器・防具の製造・強化を含む最新情報が公開

    PS Vita/PSP『討鬼伝』のキャラ作成や武器・防具の製造・強化を含む最新情報が公開

  2. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  3. 日本一ソフトウェア新作『ロゼと黄昏の古城』発表…公式サイトを21日に公開予定

    日本一ソフトウェア新作『ロゼと黄昏の古城』発表…公式サイトを21日に公開予定

  4. アイツが3DSで帰ってくる!『TOKI TORI 3D』発売決定

  5. 一族を死に至らしめた男の名は、阿部晴明 ─ 『俺の屍を越えてゆけ2』女神「夜鳥子」は一族に転生

  6. TGS 13: 自分だけのヒーローを作り出せ!『ファンタジーヒーロー ~アンサインドレガシー~』PS Vita向けハクスラ型アクションRPGがアークシステムワークスから登場

  7. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  8. 『クロックタワー』の魂を受け継ぐ新作『NightCry』、清水崇監督の実写ティーザー披露

  9. 【PSX】PS Vita新作『SEVERED』プレイレポート― 『覆面闘士』開発スタジオの最新作

  10. 「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top