海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Devil Survivor』(女神異聞録デビルサバイバー) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Devil Survivor』(女神異聞録デビルサバイバー)

携帯ゲーム DS



1UP: 9.1/10
難易度が高いがやりがいがある。RPG作品が過剰にあるDSにとっても喜ばしい存在。


GameSpot: 9/10
長所: 個性的かつ戦略的なバトルシステムは楽しくて面白い。スタイルやミステリーがふんだんに盛り込まれた興味深いストーリー。タイムリミットのあるゲームプレイは緊張感を生みプレイヤーの決断が重要なものとなる。様々な要素がマルチエンディングへと枝分かれしている。充実のキャラクターカスタマイズ。短所: 何もすることがないマップの地点が多すぎる。


Destructoid: 9/10
本作はDSのファンタスティックなRPG体験だ。時間制限、ストーリー分岐、ストラテジーとターンベースの巧みなミックスが高い独自性を生んでいる。


GameCritics: 8/10
脚本は力強く、SRPGの一般法則にとらわれないデザインで独創性を示した。Shin Megami Tenseiシリーズの新作が常にトップクオリティーなのは疑う余地がない。


Game Informer: 8/10
タクティクスシミュレーションとロールプレイングが巧妙にブレンドされている。


* * * * * * *


アトラスが2009年1月に発売していたニンテンドーDSのシミュレーションRPG 女神異聞録デビルサバイバー。Shin Megami Tensei: Devil Survivorというタイトルで今週北米でもリリース。国内で既に高く評価されている本作ですが、海外のメディアやファンからも好意的な評価で受け入れられています。



典型的なSRPGと異なり、ユニット同士の戦闘をエンカウントRPG風にしたことで、これまでになかった戦略性や駆け引きを生んでいる本作。ちょっと明るい雰囲気のキャラクターやビジュアルとは裏腹に、RPG上級者でもギリギリなゲーム難易度で、初期のシリーズ作品を思わせるダークで退廃的なストーリー展開が描かれます。

また、メガテンシリーズでおなじみの悪魔召喚・合体はもちろん、COMPと呼ばれるDS型インターフェース、7日間のタイムリミット、マルチエンディングなど斬新な新要素を多数搭載。オリジナリティーや独創性といった部分で国産ゲームが評価されるのは、非常に珍しいケースかもしれません。



ペルソナ4、デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王に次いで、海外でそのレベルの高さを証明した本作。Shin Megami Tenseiのブランド性をさらに高めることになりそうです。(ソース: Metacritic)


(c)2009 ATLUS

【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Shin Megami Tensei: Persona 4』(ペルソナ4)
海外レビューハイスコア 『Valkyria Chronicles』(戦場のヴァルキュリア)
海外レビューハイスコア 『Star Ocean: The Last Hope』(スターオーシャン4)
マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表
海外アトラスのサイトが何者かによってハック。訪問者のPCにウィルス感染の可能性
GDC 09: 蒸気機関車で世界を冒険!『The Legend of Zelda: Spirit Tracks』トレイラー&ディテール
E3 09: GBAの傑作がDSで復活!『Golden Sun DS』発表
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

    【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  2. New3DS専用VCタイトルに『ライブ・ア・ライブ』など6作品配信開始

    New3DS専用VCタイトルに『ライブ・ア・ライブ』など6作品配信開始

  3. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

  4. PSPからPS Storeへのアクセスが終了に ― 欧州や豪州など一部地域で

  5. ゆかりの「バカ」3連発や、順平憐れみの令が発令する『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』キャラ動画公開

  6. 海外版『ファイアーエムブレムif』で同性愛嫌悪を感じさせる表現を削除、米国任天堂が明言

  7. 任天堂、振動機能を採用した携帯ゲーム機の特許を更新

  8. 過激でスパイシーなLoco Moveを決めろ!『Chili Con Carnage』トレイラー

  9. 「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

  10. 『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』の発売日が決定! ボックスアートも公開?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top