ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは…

ゲーム文化 カルチャー



あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。

1993年に発行されたGame Playersマガジンのカプコン副社長Joseph Morici氏のインタビューによると、当時日本で作られたロックマンのローカライズを検討していたMorici氏は、“Rockman”というタイトル名が単純に気に入らなかったそうです。

“あのタイトルは酷すぎました。そこでMega Manという名前を思いついたんです。するとそのアイデアは気に入られて北米版で使われることになりました。ゲーム内容は日本版と全く同じでしたけどね。”

日本ではごく自然に受け入れらているRockmanというネーミングですが、英語圏の人間にはかなり印象が異なるのか、Mega Manの方がしっくりくると支持するゲーマーが海外ではやはり多い模様。ネタとして有名なAll your base are belong to usGiant Enemy Crabのようにちょっとおかしな響きさえあるのかもしれませんね。(ソース: s-kill's blog)


【関連記事】
ロックマンは更に時代を逆行?ファンによりAtari 2600版が作られる
ロックマンとブルースがCo-opプレイ!『Mega Man 2.5D』の最新動画
PUMAから『ロックマン』デザインのスニーカーが発売
ロックマンが100種類以上の特殊武器を駆使してメットールと戦う動画
本日の一枚 『ついに完成してしまったロックマンの海外版新作パッケージ』
PSNやXBLAでも配信を確認!『ロックマン9』ファーストフッテージ映像
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  7. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  8. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  9. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

  10. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top