ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ロックマンが海外で『Mega Man』の名称に変更された理由とは…

ゲーム文化 カルチャー



あのロックマンが海外ではMega Manと呼ばれていることを知る人は少なくないと思いますが、一体誰が、何のためにMega Manという名称に変更したのでしょうか。

1993年に発行されたGame Playersマガジンのカプコン副社長Joseph Morici氏のインタビューによると、当時日本で作られたロックマンのローカライズを検討していたMorici氏は、“Rockman”というタイトル名が単純に気に入らなかったそうです。

“あのタイトルは酷すぎました。そこでMega Manという名前を思いついたんです。するとそのアイデアは気に入られて北米版で使われることになりました。ゲーム内容は日本版と全く同じでしたけどね。”

日本ではごく自然に受け入れらているRockmanというネーミングですが、英語圏の人間にはかなり印象が異なるのか、Mega Manの方がしっくりくると支持するゲーマーが海外ではやはり多い模様。ネタとして有名なAll your base are belong to usGiant Enemy Crabのようにちょっとおかしな響きさえあるのかもしれませんね。(ソース: s-kill's blog)


【関連記事】
ロックマンは更に時代を逆行?ファンによりAtari 2600版が作られる
ロックマンとブルースがCo-opプレイ!『Mega Man 2.5D』の最新動画
PUMAから『ロックマン』デザインのスニーカーが発売
ロックマンが100種類以上の特殊武器を駆使してメットールと戦う動画
本日の一枚 『ついに完成してしまったロックマンの海外版新作パッケージ』
PSNやXBLAでも配信を確認!『ロックマン9』ファーストフッテージ映像
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

    小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  3. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

    『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

  4. eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

  5. 【E3 2016】『Limbo』開発元の新作『INSIDE』発売日決定!―記念で『Limbo』無料配信も

  6. 『ポケモンGO』が欧州上陸!イギリス、ドイツで配信開始

  7. 韓国発『オーバーウォッチ』D.VAの本気コスプレ―これは…可愛いっ!

  8. 『マインクラフト』で「ジブリの世界」再現! 5年がかりの一大プロジェクト

  9. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

  10. e-Sports『Overwatch』チャンピオンシリーズオフライン決勝が7月31日に秋葉原で開催

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top