コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コーエーテクモ社長 ソニーのモーション技術の導入に興味を示す

家庭用ゲーム PS3


Tecmo Koeiの社長、松原健二氏は同社のフランチャイズであるニンジャガイデンのようなアクションゲームに対し、ソニーのモーション技術の導入に興味を持っていると海外サイトに話したようです。

そこで松原氏が話した内容は、、ソニーがE3で発表したモーションコントロール技術に対し非常に興味があるとされ、それがどれ程の反応の良さがあるのかを知る必要があるとの意見を示したようです。

「私はこれらのモーションコントロールがカジュアルゲームにおいて、とてもポピュラーであると確信します、しかしニンジャガイデンのような素早い反応を必要とするアクションゲームでは、剣を使うときには腕を周りに振らなければならなく、すぐに疲れてしまうでしょう。」

「恐らく、いずれ私達はプレイスタイルを変える必要があり、モーション技術がどれ程に速く動かせるのかチェックしなければならない。始めはカジュアルゲーム、次にハードコアゲームと私達はそれに向け準備し、そのスタイルを満たす為のゲームを提供しなければならないでしょう」


細かく正確な操作が出来る事をE3見せ付けたソニーのモーションコントローラー。その内容によっては、次期ニンジャガイデンでモーション技術が採用される可能性というのも、ありえないという話ではないのかも知れません。(ソース: Now gamer)

【関連記事】
E3 09: ソニー、プレイステーション用のモーションコントローラーを発表
Ubisoft社長:モーションコントロールはコアゲーム向きではない
任天堂岩田社長、ソニーとMSのモーションコントロールは「予想よりも登場が遅い」
噂:MS、Xbox 360用の全身モーションコントロールデバイスを開発中?
《Round.D》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  6. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  7. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  8. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  9. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  10. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top