ハードコアゲーマーのためのWebメディア

よりバラエティに富んだ戦いに。『Modern Warfare 2』マルチプレイヤーハンズオン情報

PC Windows



ロサンゼルスで行われたCall of Duty: Modern Warfare 2のマルチプレイヤー体験イベントのハンズオンが海外サイトに掲載されています。様々な新要素が搭載された本作は、前作以上にバラエティに富んだ戦いが繰り広げられるようです。以下ハンズオン情報を一挙にご紹介。

■PERKS
Perkはアップグレードが可能となっており、それ自身のチャレンジを全て達成すると“プロ”バージョンが解除される。以下確認された新Perk。

・Bling - 1つの武器に2つのアタッチメントを装着することができる。例えばドットサイトとグレネードランチャーを同時に装着するなど。

・Scavenger - 敵の死体から弾薬を自動的に拾得。

・Commando - より長いリーチの近接攻撃ができるようになる(銃剣?)。

■KILL STREAKS

レベルが10を超えると新たなボーナスが解除され、カスタムが可能になる。以下確認されたボーナス。

・UAV (3 kills) - 前作と違い、撃ち落すことができる。

・Counter UAV (4 kills)

・Care Package (4 kills) - 煙幕手榴弾を投げるとその位置に武器弾薬(内容はランダム)が空中投下される。投下位置はマップおよびレーダーに表示されるので、敵兵を誘き寄せる囮として使用することもできる。

・Sentry Gun (5 kills)

・Predator Missile (5 kills) - フライ・バイ・ワイヤ・ミサイルを目標に叩き込むだけでなく、戦場の簡潔な俯瞰図も与える。

・Precision airstrike (6 kills)

・Attack helicopter (7 kills)

・AC130 (11 kills)

■DEATH STREAKS
初心者のための救済措置。1人も殺せずに連続で3回死んだ場合にボーナスが与えられる。

・Copycat (デフォルト) - 自分を殺した相手のクラスで1ラウンドプレイできる(上級プレイヤーの武器やPerkが使用可能)。

・Painkiller (アンロック) - ヘルスが増加する(復活直後10秒間のみ)。

■SECONDARY WEAPONS
セカンダリウェポンはピストルだけでなく、マシンピストルやショットガン、その他ロケットランチャーが装備できるようになった。

■ATTACHMENTS

前作にもあったドットサイト、グレネードランチャー、サプレッサー以上のものが登場。Akimbo(二丁拳銃)や“ディジタル・カモ”は非常にクール。その他、以下を含む。

・心音センサー - 息が荒い敵の位置を表示。

・サーマルスコープ

・タクティカルナイフ

■SPECIAL GRENADES AND EQUIPMENT
特殊手榴弾スロットはもはや手榴弾のためだけのものではない。ゲームプレイにバリエーションを持たせるために様々なオプションが追加された。

・手投げナイフ

・セムテックス粘着手榴弾

・ブラストシールド - 追加の防護を提供するフェイスマスク。

・Tactical Insertion - どの場所にも設置可能な特殊マーカー。敵に破壊されない限りマーカーの設置場所に復活することができる。

■RIOT SHIELDS

プライマリウェポンの代わりに防弾シールドを装備することが出来る。シールドを構えた状態で銃を撃つことはできないが、シールドで敵を強打する事が可能。またセカンダリウェポンを構えているときはシールドを背負い、背後からの攻撃を多少防ぐことができる。

■CALLSIGNS

コールサインは敵を倒したり、特殊なアクションを行った際に表示される。コールサインはアンロック可能な何百ものタイトルやバッジでカスタマイズ可能。

■NEW MAP

・Afghan - 中央に墜落したジャンボジェットの残骸が転がっている岩石砂漠地帯。


・Favela - 狭い路地と見通しの良い屋上が対照的なスラム街。


・Highrise - 建設中の高層ビル。上手く進めば敵に見つかることなくマップの反対側に移動することが可能。

GamesRadarの総評としては、「Call of Duty 4の猛烈な魅力を損なうことなく、全てを最新のものにした」としています。気になるポイントは幾つかありますが、個人的に良いアイデアだと思ったのは“DEATH STREAKS”ですね。この連続“死亡”ボーナスは経験の浅い初心者を繋ぎ止める効果がありそうです。上級者に殺されまくるだけじゃ嫌ですからね(笑)。

ハンズオンを見るだけでも前作以上の出来となっていることが分かるModern Warfare 2は11月10日に発売予定です!
(ソース&イメージ: GamesRadar)

(c)2009 Activision Publishing, Inc.

【関連記事】
『Call of Duty: Modern Warfare 2』のXbox 360限定バンドルパックが発売決定
『Modern Warfare 2』限定版特典のアートブックやナイトビジョンゴーグル生産工場の写真が流出
Mad Catz、『Call of Duty: Modern Warfare 2』用アクセサリーの製品画像を公開
怒涛の連続KILL!『Modern Warfare 2』の新たなマルチプレイヤー映像が公開
早くも『Modern Warfare 2』日本版発売決定? スクエニがティザーサイトを公開
一般市民も逃げ惑う市街戦!『Modern Warfare 2』の最新直撮りプレイ映像

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

    子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  2. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

    『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  3. 冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

    冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

  4. RTS最新作『Halo Wars 2』新キャラ解説映像―シネマティックティーザーも

  5. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  6. 『Evolve Stage 2』に80年代テイストな新ハンター登場―地面に「聖なる槍」を突き刺す!

  7. 旧東側諸国ドライブシム『Jalopy』最新映像!―アップデートでハンガリーへの旅が可能に

  8. CygamesのTCG『Shadowverse』PC版がSteam Greenlightに登録、クロスプレイ対応か

  9. 大量のゾンビに囲まれる!『Death Road to Canada』がSteam配信―犬も銃を撃つ2DアクションRPG

  10. 非対称PvPホラー『Dead by Daylight』プレイレポ―開発者からメッセージも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top