ハードコアゲーマーのためのWebメディア

チベット仏教最高位カルマパ17世「ビデオゲームは感情を解放する知的な手段」

ニュース 最新ニュース



チベット仏教の若き指導者で、カルマパ17世として知られるOgyen Trinley Dorje氏が、ビデオゲームについて興味深い発言をされています。

24歳という若さで1つの宗派を率い、ダライ・ラマの後継としても名前の挙がっているDorje氏は、iPodでヒップホップを聞くなど現代的な文化にも興味を示す人物で、プレイステーションで戦争モノのゲームを遊ぶこともあるのだとか。

海外メディアのインタビューで、平和の実現に尽くすべき仏教の僧侶が戦争ゲームを遊ぶのは不適切なのでは、との指摘を受けた氏は次のように説明しています。

“私はビデオゲームを日常レベルの感情的セラピーだと考えています。仏教の行者であろうとなかろうと、私たちは皆感情を持っており、幸せな感情、悲しみの感情、不快な感情などが生じたときに、それらにどう対処するかを見つけ出す必要があります。

そこで、ビデオゲームをプレイするのが、私にとっては時々痛みを和らげてくれる減圧のような効果を持つのです。もし私がネガティブな考えや感情を持っているなら、ビデオゲームの世界はそうしたエネルギーを解放する方法の1つで、その後は気分が楽になります。

ビデオゲームの中で生まれる攻撃性は、私の本来持っていた感情が示そうした願望を満足させてくれます。誰かの頭を殴る必要がなくなるのだから、それは私にとってとても知的な手段だと思います。”

インタビュアーの「ゲームではなく瞑想をするべきではないか」とのつっこみにも、「No」ときっぱり断言したDorje氏。タイトル名は明かされませんでしたが、チベット仏教の最高僧が何のゲームをプレイしているのかゲームファンには気になるところです。(ソース: The Times of India via )


【関連記事】
EA、ブースガールと夜を過ごせる『Dante's Inferno』の罪深いコンテストを実施
神々が対決するフラッシュ格闘ゲーム『Faith Fighter』に各地の宗教団体が憤慨
『おいでよ どうぶつの森』のトロワさんがゲーム内で人種差別発言、任天堂が謝罪に
ヒンドゥー教の神様が主人公のPS2ゲームが発売 → 教徒がソニーに猛抗議−インド
原因はあのコーラン!?『LittleBigPlanet』海外向けの発売直前で回収、1週間の延期に
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4新作『グランツーリスモSPORT』2017年内に発売延期へ

    PS4新作『グランツーリスモSPORT』2017年内に発売延期へ

  2. 「Overwatch World Cup」日本代表が決定!キャプテンはStylishNoob選手

    「Overwatch World Cup」日本代表が決定!キャプテンはStylishNoob選手

  3. 家庭用『マインクラフト』無料PvPモード「Tumble」発表―地面を掘ってマグマに落とせ!

    家庭用『マインクラフト』無料PvPモード「Tumble」発表―地面を掘ってマグマに落とせ!

  4. 凍てついた世界を生き抜く『Frostpunk』発表―モラル選択迫られる新作サバイバル

  5. 噂: 新型「PS4 Slim」は5Ghz帯に対応か、取説とUIイメージ浮上

  6. PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア体験会で「極まる」新要素を見た

  7. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  8. 『ウィッチャー3』GOTY版と通常版のセーブデータが非互換な理由が判明

  9. 元SCEEディレクターが「ゲームの払い戻し」に言及、一部ユーザーを辛口批判

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top