ハードコアゲーマーのためのWebメディア

チベット仏教最高位カルマパ17世「ビデオゲームは感情を解放する知的な手段」

ニュース 最新ニュース



チベット仏教の若き指導者で、カルマパ17世として知られるOgyen Trinley Dorje氏が、ビデオゲームについて興味深い発言をされています。

24歳という若さで1つの宗派を率い、ダライ・ラマの後継としても名前の挙がっているDorje氏は、iPodでヒップホップを聞くなど現代的な文化にも興味を示す人物で、プレイステーションで戦争モノのゲームを遊ぶこともあるのだとか。

海外メディアのインタビューで、平和の実現に尽くすべき仏教の僧侶が戦争ゲームを遊ぶのは不適切なのでは、との指摘を受けた氏は次のように説明しています。

“私はビデオゲームを日常レベルの感情的セラピーだと考えています。仏教の行者であろうとなかろうと、私たちは皆感情を持っており、幸せな感情、悲しみの感情、不快な感情などが生じたときに、それらにどう対処するかを見つけ出す必要があります。

そこで、ビデオゲームをプレイするのが、私にとっては時々痛みを和らげてくれる減圧のような効果を持つのです。もし私がネガティブな考えや感情を持っているなら、ビデオゲームの世界はそうしたエネルギーを解放する方法の1つで、その後は気分が楽になります。

ビデオゲームの中で生まれる攻撃性は、私の本来持っていた感情が示そうした願望を満足させてくれます。誰かの頭を殴る必要がなくなるのだから、それは私にとってとても知的な手段だと思います。”

インタビュアーの「ゲームではなく瞑想をするべきではないか」とのつっこみにも、「No」ときっぱり断言したDorje氏。タイトル名は明かされませんでしたが、チベット仏教の最高僧が何のゲームをプレイしているのかゲームファンには気になるところです。(ソース: The Times of India via )


【関連記事】
EA、ブースガールと夜を過ごせる『Dante's Inferno』の罪深いコンテストを実施
神々が対決するフラッシュ格闘ゲーム『Faith Fighter』に各地の宗教団体が憤慨
『おいでよ どうぶつの森』のトロワさんがゲーム内で人種差別発言、任天堂が謝罪に
ヒンドゥー教の神様が主人公のPS2ゲームが発売 → 教徒がソニーに猛抗議−インド
原因はあのコーラン!?『LittleBigPlanet』海外向けの発売直前で回収、1週間の延期に
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  2. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  3. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

    『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  4. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. PS4『バウンド:王国の欠片』ゲーム情報が国内向けに公開―妊婦の内面世界を渡り歩く

  7. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  8. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top