CoD4開発のInfinity Ward「Activisionは現代戦に強く反対していた」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CoD4開発のInfinity Ward「Activisionは現代戦に強く反対していた」

PC Windows


これまで第二次世界大戦を舞台にしてきたCoDシリーズに、新たに現代戦を導入し成功へと至ったCall of Duty 4: Modern Warfare。しかしパブリッシャーのActvisionは、Call of Duty 4を現代戦にするのに強く反対していたようです。

海外誌OPMのインタビューに応えたInfinity WardのVince Zampella氏は、以下のように話しています。
“我々はCall of Duty 2を、第二次大戦にしたくありませんでした。ただ、Activisionはそれを望んでおり、妥協案として、第二次大戦ゲームをつくるかわりに、コンソール用の開発キットを受け取りました。我々は常にコンソールでの開発を望んでいましたが、Activisionは我々を多くのPCデベロッパーのひとつとみなしていたのです。さらにActivisionは、現代戦も望んでおらず、開発はリスキーであると考えていました。彼らは我々が間違っていると証明するために、市場調査まで行っていました。我々はすべてのために闘わなければなりませんでした。”

結果的にCoD4は大成功を収め、続編までつくられることになり、Infinity Wardは自らの正当性を証明しました。Call of Duty: Modern Warfare 2は11月10日発売、日本でも、スクウェア・エニックスより12月10日に発売となります。(ソース: CVG: Activision "didn't want Modern Warfare")


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 【特集】監視社会の危うさを提示する『Orwell』プレイレポ―テロを未然に防げ

    【特集】監視社会の危うさを提示する『Orwell』プレイレポ―テロを未然に防げ

  2. スティック型PCで『Half-Life 2』『マインクラフト』は遊べるか…海外YouTuberが徹底検証

    スティック型PCで『Half-Life 2』『マインクラフト』は遊べるか…海外YouTuberが徹底検証

  3. 三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

    三人称サバイバル『Lost Region』最新ショット!全ての建物を探索可能

  4. ドラゴンを捕獲! ファンタジーサンドボックス『Dark and Light』最新映像

  5. 『Don't Starve』開発新作『Oxygen Not Included』オープンアルファテスト開始!

  6. 外骨格アクションRPG『The Surge』14分ゲーム映像!ダークソウルの雰囲気も

  7. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外TVCM!ゴーストが暴れまくる

  8. Co-opサバイバル『The Wild Eight』Steam早期アクセス開始―極寒の地に残された8人

  9. 新世界発見シミュ『ネオアトラス 1469』日本語PC版発売日決定!

  10. 子供をぶん投げて戦う父親アクション『Dad Quest』ローンチトレイラー!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top