CoD4開発のInfinity Ward「Activisionは現代戦に強く反対していた」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CoD4開発のInfinity Ward「Activisionは現代戦に強く反対していた」

PC Windows


これまで第二次世界大戦を舞台にしてきたCoDシリーズに、新たに現代戦を導入し成功へと至ったCall of Duty 4: Modern Warfare。しかしパブリッシャーのActvisionは、Call of Duty 4を現代戦にするのに強く反対していたようです。

海外誌OPMのインタビューに応えたInfinity WardのVince Zampella氏は、以下のように話しています。
“我々はCall of Duty 2を、第二次大戦にしたくありませんでした。ただ、Activisionはそれを望んでおり、妥協案として、第二次大戦ゲームをつくるかわりに、コンソール用の開発キットを受け取りました。我々は常にコンソールでの開発を望んでいましたが、Activisionは我々を多くのPCデベロッパーのひとつとみなしていたのです。さらにActivisionは、現代戦も望んでおらず、開発はリスキーであると考えていました。彼らは我々が間違っていると証明するために、市場調査まで行っていました。我々はすべてのために闘わなければなりませんでした。”

結果的にCoD4は大成功を収め、続編までつくられることになり、Infinity Wardは自らの正当性を証明しました。Call of Duty: Modern Warfare 2は11月10日発売、日本でも、スクウェア・エニックスより12月10日に発売となります。(ソース: CVG: Activision "didn't want Modern Warfare")


【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 生き残りをかけて100人が殺し合う『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始!

    生き残りをかけて100人が殺し合う『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始!

  2. 「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

    「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

  3. 『LoL』日本サーバー初の限定イベント「花見 ON THE RIFT」が3月24日から開催

    『LoL』日本サーバー初の限定イベント「花見 ON THE RIFT」が3月24日から開催

  4. 『シヴィライゼーション VI』更なる新文明「マケドニア」とアレキサンドロス大王登場!

  5. ゲーミングノートPC「Razer Blade」3製品が3月25日より国内販売開始、搭載SSDは最大1TB

  6. 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

  7. 新作対戦サバイバルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始日決定

  8. 『Arma 3』2017年度リリース予定のDLC紹介映像!―DLCセットの販売も開始

  9. GOG.comのクライアント「GOG Galaxy」が正式版に―クラウドセーブに対応

  10. 『Quake Champions』新マップ“Burial Chamber”紹介映像!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top